メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

ラボ 5: ダッシュボードの変更

ダッシュボードの作成について学習したので、ダッシュボードを変更してパネルの内容を変更します。

ダッシュボードの変更

ダッシュボードの作成と外観の変更について学習したので、データ パネルの内容を変更する方法を説明します。

Apache Access アプリケーションに追加された Apache - Overview (Apache - 概要) ダッシュボードを開きます。

  1. 左側のナビゲーションの [Personal (個人用)] ライブラリで [Apache] > [Overview (概要)] をクリックします。

    Apache の概要
    [Visitor Locations (ビジター ロケーション)] パネルには、世界全体のすべてのロケーションが表示されます。パネルを変更して、米国のロケーションのみが表示されるようにします。
     
  2. [Show in Search (検索に表示)] ボタンまたはアイコンをクリックして、[Visitor Locations (ビジター ロケーション)] パネルの作成に使用された検索を表示します。
    検索に表示
    このページには、クエリ、グラフなど、検索に関するすべての情報が表示されます。
    世界のビジター ロケーション
  3. マップの米国部分を拡大するようにクエリを変更します。lookup 行にソフト リターンを追加して、次のように国を指定します。

    | where country_name="United States"

    クエリ全体は以下のようになります。

    _sourceCategory=Labs/Apache/Access
    | parse regex "^(?<src_ip>\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3})" nodrop
    | parse regex "(?<method>[A-Z]+)\s(?<url>\S+)\sHTTP/[\d\.]+\"\s(?<status_code>\d+)\s(?<size>[\d-]+)" nodrop
    | parse regex "(?<method>[A-Z]+)\s(?<url>\S+)\sHTTP/[\d\.]+\"\s(?<status_code>\d+)\s(?<size>[\d-]+)\s\"(?<referrer>.*?)\"\s\"(?<user_agent>.+?)\".*" nodrop
    | lookup latitude, longitude, country_code, country_name, region, city, postal_code from geo://location on ip = src_ip
    | where country_name = "United States"
    | count by latitude, longitude, country_code, country_name, region, city, postal_code
    | sort _count

  4. [Start (開始)] をクリックして、クエリを実行します。結果の図では、米国のみが表示されます。
    米国のみ表示

  5. ダッシュボードに変更したパネルを表示するには、[Update Dashboard (ダッシュボードを更新)] をクリックします。
    ダッシュボードを更新
    時間範囲をそのままにするか、変更するかを選択できます。
    ダッシュボードの名前を変更して保存

  6. 今回は時間範囲は変更せず、[Apply (適用)] をクリックして、更新されたパネルを表示するダッシュボードを再度開きます。
    Overview.png

ダッシュボード内を移動する方法と [Search (検索)] タブについて学習したので、ダッシュボード パネルの検索設定をどれでも調整できます。

ダッシュボードの機能の詳細については、「ダッシュボード」のトピックを参照してください。

Sumo ユーザ チュートリアルのパート 6 ではアラートの作成方法について説明します。

  • この記事は役に立ちましたか?