メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Azure のモニタリング

Azure Monitor を使用して Azure サービスのアプリケーションおよびインフラストラクチャのデータ (ログおよびメトリクス) を収集するための方法の概要。

このページには、Azure Monitor を使用して Azure サービスのアプリケーションおよびインフラストラクチャのデータ (ログおよびメトリクス) を取得するための Sumo のソリューションに関する情報が記載されています。このソリューションでは次のものをモニタリングできます。

  • アクティビティ ログ—アクティビティ ログとは、たとえば仮想マシンの作成やロジック アプリケーションの削除など、サブスクリプション内のリソースで実行された操作に関するインサイトを提供するサブスクリプションレベルのログです。

  • 診断ログ—診断ログとは、たとえば Key Vault からのシークレットの取得など、リソース自体で実行された操作に関するインサイトを提供するリソースレベルのログです。

  • メトリクス—メトリクスは、さまざまなリソースおよび仮想マシンのオペレーティング システムのパフォーマンス統計情報を提供します。

Sumo Logic のサーバレス ソリューションは Azure Monitor と統合されており、Azure サービスを包括的にモニタリングできます。Azure Monitor から使用可能なメトリクスに関する情報および Azure 診断ログに関するリソース タイプ固有の情報については、Azure ヘルプの次のトピックを参照してください。

ソリューションの概要

Azure Monitor には、モニタリング データを Azure から Sumo Logic などのパートナーのモニタリング ツールに転送するためのパイプラインが用意されています。ほとんどの Azure サービスのログやメトリクスを Azure Monitor から取得できます。経時的に、すべての Azure サービスがログおよびメトリクスを Azure Monitor にレポートします。  

下の図は、Azure ログおよびメトリクスを収集するための Azure-Sumo パイプラインを示しています。「モニタリング データ フロー」では、Azure サービスから Sumo Logic へのメトリクスのフローについて説明します。  「パイプラインのコンポーネント」では、フローに関わるコンポーネントについて説明します。

azure-overview.png

モニタリング データ フロー

Azure サービスのログおよびメトリクスの Sumo Logic への取り込みの概要を紹介します。

  1. Azure サービスはモニタリング データ (ログおよびメトリクス) を Azure Monitor に送信します。

  2. Azure Monitor はログをログ イベント ハブに、メトリクスをメトリクス イベント ハブにストリーミングします。

  3. Azure Monitor からデータを受信すると、イベント ハブは Azure 関数をトリガしてデータを Sumo クラウドのホスト型コレクタ上にある HTTP ソースに送信します。  

  4. イベント ハブによってトリガされると、Azure 関数は受信したモニタリング データ (ログまたはメトリクス) を Sumo クラウドのホスト型コレクタ上で適切に設定された HTTP ソースに送信します。  

パイプラインのコンポーネント

Azure ログおよびメトリクス収集用の Azure と Sumo のパイプラインでは、イベント ハブおよび Sumo 提供の Azure 関数を使用して、モニタリング データを Azure Monitor から Sumo に取得します。各コンポーネントの働きは次のとおりです。

  • Azure Monitor はほとんどの Microsoft Azure サービスのログおよびメトリクスを収集し、Azure 環境のモニタリング データにアクセスするためのパイプラインとなります。

  • Azure Event Hubs はデータ ストリーミング プラットフォームおよびイベント取り込みサービスであり、これを使用して Azure Monitor を Sumo Logic と統合できます。Azure Monitor はモニタリング データをイベント ハブにストリーミングし、イベント ハブが Sumo 提供の Azure 関数をトリガします。

  • Sumo Azure 関数は、モニタリング データを Sumo HTTP ソースに送信するために Event Hub によってトリガされる小規模なコードです。それぞれの関数は、独自のログも保持しています。1 つのログはエラーを記録するため (何らかの理由でログを Sumo に送信できなかった場合)、もう 1 つのログは関数デバッグ情報用です。

  • Sumo HTTP ソースは Azure 関数からモニタリング データを受信し、取り込みます。ログ用の HTTP ソースとメトリクス用の HTTP ソースが 1 つずつあります。  HTTP ソースは、メトリクス用またはログ用に設定できますが、両方用には設定できません。

設定プロセスの概要

Sumo では、パイプラインを作成するための Azure Resource Management (ARM) テンプレートを用意しています。1 つはログ用、もう 1 つはメトリクス用です。各テンプレートにより、Azure Monitor がログまたはメトリクスをストリーミングするイベント ハブ、モニタリング データを Sumo に送信するための Azure 関数、関数が成功および失敗した転送に関する独自のログ メッセージを書き込むストレージ アカウントが作成されます。

ARM テンプレートをダウンロードし、編集して HTTP ソースの URL を追加し、テンプレートを Azure ポータルにコピーしてデプロイします。そうすれば、パイプラインを使用してモニタリング データを Azure Monitor から Sumo に転送できるようになります。   

手順については、「Azure Monitor からログを収集する」および「Azure Monitor からメトリクスを収集する」を参照してください。

Azure リソースのコストに関する考慮事項

Azure の価格については、「Event Hubs pricing (Event Hubs の価格)」および「Block Blob pricing (ブロック Blob の価格)」を参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?