メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

StatsD メトリクスの収集

StatsD の実装には、アプリケーション ライブラリ、メトリクスを定義するために使用されるシンプルなプロトコル、ある時間窓のメトリクスを集計し、集計されたメトリクスをメトリクスのバックエンド システムに転送するデーモン/サーバの 3 つの基本的なパートがあります。多数の StatsD ライブラリおよび StatsD デーモンがあります。StatsD をアプリケーションに追加してメトリクスを Sumo に送信する場合は、メトリクス収集エージェントとして collectd を使用し、StatsD の入力を有効にすることをお勧めします。Sumo の collectd プラグインを使用すれば、メタデータをメトリクスに追加し、多次元のメトリクス 2.0 形式でメトリクスを Sumo に送信できます。 

別の StatsD サーバを使用している場合、最も一般的に使用されている統合方法は、Sumo コレクタ エージェントを StatsD サーバまたはその近くにインストールして、Graphite 形式でメトリクスを Sumo にストリーミングする方法です。ストリーミング メトリクス ソース (Graphite ソースとも呼ばれる) を設定する手順については、「ストリーミング メトリクス ソース」を参照してください。

このページには、collectd エージェントと StatsD プラグインおよび Sumo の collectd 出力プラグインを使用した Sumo サービスへの StatsD メトリクスの送信に関する情報が記載されています。

  1. この機能を実装するには、「CollectD plugin README (CollectD プラグインの README)」のステップ 1 から 4 の手順に従って以下を行ってください。
    1. collectd エージェントをインストールします。
    2. Sumo の collectd 出力プラグインをダウンロードしてインストールします。
    3. collectd 出力プラグインによって送信されたメトリクスを受信するように Sumo の HTTP ソースを設定します。
    4. Sumo の collectd 出力プラグインを使用するように collectd エージェントを設定します。
  2. 次の要素を /etc/collectd/ ディレクトリの collectd.conf ファイルに追加して、StatsD 入力プラグインを使用するように collectd エージェントを設定します。

<Plugin statsd>
  Host "::"
  Port "8125"
  DeleteSets    true
  TimerPercentile 90.0
</Plugin>

他の StatsD 設定オプションについては、collectd ドキュメントの「Plugin StatsD (プラグイン StatsD)」セクションを参照してください。 
 

  • この記事は役に立ちましたか?