メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

AWS OpsWorks での Sumo Logic コレクタのデプロイ

AWS OpsWorks は、スタックやアプリケーションを簡単に作成および管理できるシンプルなプラットフォームです。アプリケーション サーバ、データベース サーバ、ロード バランサなど、スタックを組み立てるのに使用する標準的なコンポーネントをサポートしています。これらのコンポーネントはすべて標準的な設定になっていますが、AWS OpsWorks にはカスタム コンポーネントや設定を作成するためのツールも用意されています。AWS OpsWorks を使用すれば、Elastic IP アドレスや Amazon EBS ボリュームなどの関連する AWS リソースを管理することもできます。

詳細については、AWS OpsWorks の「Getting Started (使用開始)」を参照してください。

AWS OpsWorks でのコレクタのデプロイ

  1. https://github.com/SumoLogic/sumologic-collector-chef-cookbook.git をレイヤーに追加します。
  2. [Setup (設定)] のレシピとして「sumologic-collector」と入力します。
  3. スタックのカスタム JSON として次の JSON を入力します。
{
   "opsworks": {
       "data_bags": {
           "sumo-creds": {
               "api-creds": {
                   "accessID": "...",
                   "accessKey": "..."
               }
           }
       }
   },
   "sumologic": {
       "sources": [
           {
               "sourceType": "LocalFile",
               "name": "foo",
               "pathExpression": "/var/logs/foo",
               "category": "foo",
               "useAutolineMatching": true,
               "multilineProcessingEnabled": false,
               "timeZone": "America/Los_Angeles",
               "automaticDateParsing": true,
               "forceTimeZone": false,
               "defaultDateFormat": "dd/MMM/yyyy HH:mm:ss"
           }
       ]
   }
}
  1. AWS OpsWorks にコレクタをデプロイします。
  • この記事は役に立ちましたか?