メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

VMware vRealize Log Insight

このページでは、VMware vRealize Log Insight のログ収集を設定し、ログを Sumo Logic に転送する方法を説明します。VMware vRealize Log Insight は、ログ管理およびアナリティクス ツールです。

このページでは、VMware vRealize Log Insight のログ収集を設定し、ログを Sumo Logic に転送する方法を説明します。VMware vRealize Log Insight は、ログ管理およびアナリティクス ツールです。

前提条件

vRealize のログ収集を設定する前に、次のことを完了する必要があります。

  • vRealize Log Insight をインストールして、vCenter ホストと ESXi ホストからログを取得するように設定する。

  • VM (または外部マシン) に Sumo Logic Collector をインストールする。あるいは、rsyslog または syslog-ng を設定し、vRealize Log Insight ホストから到達可能にする。Sumo Logic Collector をインストールするには、こちらのページの手順に従います。

vRealize Log Insight ログ収集のセットアップ

Sumo Logic の vRealize Log Insight ログ収集をセットアップするには、次の手順を実行します。

  1. vRealize Log Insight の UI にログインし、[Management (管理)] > [Event Forwarding (イベントの転送)] に移動します。

vRealize_EventForwarding.png

  1. [New Destination (新しい転送先)] をクリックして新しい接続を追加します。

vRealize_New-Destination.png

  1. [Edit Destination (転送先の編集)] ダイアログで、次の情報を指定します。必要に応じて、このポップアップで、タグを追加したりイベントを絞り込んだりできます。

vRealize_Edit-Destination.png

  1. 接続をテストして保存します。
  2. Sumo Logic でログを確認します。vRealize の転送イベントのログ メッセージの例を次に示します。
<167> 2019-12-15T13:08:16.441Z esxi1.esxlab.com Rhttpproxy: verbose rhttpproxy[2099567] 
[Originator@6876 sub=Proxy Req 07995] Resolved endpoint : 
[N7Vmacore4Http16LocalServiceSpecE:0x000000bef0b83650] _serverNamespace = /sdk action = Allow _port = 8307

 

  • この記事は役に立ちましたか?