質問:

Sumo Logic に収集済みのデータを削除できますか? 誤って Sumo Logic アカウントに自分の個人情報を取り込んでしまいました。検索結果にこのデータが表示されないように削除したいと思っています。これは可能ですか?

回答:

ユーザは、Sumo Logic に取り込まれた特定のメッセージを削除することはできません。Sumo Logic に送信されたすべてのデータは一緒にインデックス化され、Write Once Read Many (WORM) ストレージに格納されるため、ユーザは変更できません。ユーザは、アカウントからのデータの削除を依頼できます。ビューとパーティションを設定済みの場合、Sumo Logic は特定のビューまたはパーティションからデータを削除できます。それ以外の場合は、指定された時間範囲内にアカウントに配信されたすべてのデータが削除されます。データ削除の依頼はアカウント管理者から Sumo Logic サポートに送信する必要があります。

Sumo Logic にメッセージ データの削除を依頼する代わりに、不要なデータを非表示にするロール フィルタを作成することができます。これによりアカウント内で不要なデータを検索できなくなります。これを行うには、このデータに適合するロール フィルタ クエリ文字列を、不要データを非表示にする必要があるユーザ ロールに適用します。

また、データを削除しても、[Accounts (アカウント)] ページに表示されるログ取り込み速度には影響はなく、このことに注意することも重要です。Sumo Logic がデータを受信すると、そのデータは、アカウント制限に照らしてカウントされます。ただし、オンデマンド料金は、請求サイクル全体を対象に計算した 1 日の平均に基づいており、請求期間における毎日のスパイクの大部分は緩和できます。