メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Sumo Logic コレクタの接続試験

接続の試験

コレクタをインストールしたいマシンで以下の試験を行い、Sumo Logic サービスに接続できることを確認してください。

試験は以下のいずれかで行います。

  • ブラウザ ベースの試験。ブラウザを開いて https://collectors.sumologic.com にアクセスします。「Tweep」と表示されれば OK です。 

  • Telnet。collectors.sumologic.com 443 への Telnet セッションを確立して、以下のような結果が表示されれば OK です。
$telnet collectors.sumologic.com 443 Trying collectors.sumologic.com...Connected to prod-events-lb-1056629993.us-east-1.elb.amazonaws.com.
  • curl コマンド。接続を確認する最速の方法は curl コマンドでサービスに接続することです。「curl」ツールは、SSL に対応した Windows 環境で利用できます。
$ curl -i https://collectors.sumologic.com
$ curl -i https://collectors.sumologic.com/rest/registry/ping
$ time nslookup collectors.sumologic.com

よくあるファイアウォールの問題のトラブルシューティング

接続できない場合は、ファイアウォールの問題が考えられます。

  • ファイアウォール設定で、コレクション エンドポイントでの接続が許可されていることを確認します。ファイアウォール関連のヒントについては、「Sumo Logic エンドポイント」を参照してください。
  • Windows ファイアウォールの場合は、アウトバウンド コレクタ接続を許可するアウトバウンド ルールを作成してからやり直してください。

Windows ファイアウォールで新しいアウトバウンド ルールを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [Administrative Tools (管理ツール)] > [Firewall Settings (ファイアウォールの設定)] に移動します。
  2. [New Rule (新規ルール)] をクリックします。
  3. ルールのタイプとして [Port (ポート)] を選択して [Next (次へ)] をクリックします。
  4. ポート番号に「443」と入力して [Next (次へ)] をクリックします。
  5. 接続で [Allow (許可)] を選択して [Next (次へ)] をクリックします。
  6. 環境のプロファイルを適切に選択しますが、3 つのオプションはすべて選択することを推奨します。
    • Domain (ドメイン)
    • Public (パブリック)
    • Private (プライベート)
  7. [Next (次へ)] をクリックします。
  8. 新しいルールの名前と説明を入力して [Finish (完了)] をクリックします。

 

  • この記事は役に立ちましたか?