メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Linux マシン イメージへの Collector の追加

Amazon AMI や VMware イメージなどの Linux マシン イメージに Sumo Logic Collector を組み込むことができます。

通常、Collector はインストール プロセス中に Sumo Logic に登録されますが、‑VskipRegistration=true フラグを指定することで登録をスキップできます。この場合、Collector はサービスとしてインストールされ、イメージの起動時に自動的に起動して登録されるようになります。

Collector の初期インストール

Sumo Logic の [Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] ページから、または下記のリストから適切な Collector をダウンロードします。

  1. Collector をダウンロードします。最新の Linux 用 Collector ビルドの 32 ビットまたは 64 ビット静的 URL を選び、正しい Sumo Logic ポッドを選んであることを確認します。URL のリストは、ヘルプの「静的 URL からの Collector のダウンロード」を参照してください。
  2. ファイルを実行できるように権限を変更します。

    chmod 744 SumoCollector_linux_amd64_19_XXX-X.sh
  3. カスタム Source を設定するには、Collector がスキャンして Sumo Logic サービスに送信する Source をすべて指定した Source JSON ファイルを作成します。これらの Source 設定は、Collector の初期登録時にのみ適用され、sources.json ファイルを更新しても、その内容は Collector を再起動しただけでは適用されません

    下記のサンプル JSON ファイルには、ローカル ファイル Source と syslog Source の設定例が示されています。sources.json ファイルで使用できるすべての Source タイプとパラメータについては、JSON ヘルプ ドキュメントを参照してください。

    サンプル sources.json:

    {
        "api.version": "v1",
        "sources": [
            {
                "sourceType": "LocalFile",
                "name": "Example1",
                "pathExpression": "/var/logs/maillog",
                "category": "mail",
                "hostName": "sampleSource",
                "useAutolineMatching": false,
                "multilineProcessingEnabled": false,
                "timeZone": "UTC",
                "automaticDateParsing": true,
                "forceTimeZone": false,
                "defaultDateFormat": "dd/MMM/yyyy HH:mm:ss"
            },
            {
                "protocol": "UDP",
                "port": 514,
                "sourceType": "Syslog",
                "name": "SyslogSource",
                "description": "SampleSyslogSource",
                "category": "events",
                "timeZone": "UTC",
                "automaticDateParsing": true,
                "multilineProcessingEnabled": true,
                "useAutolineMatching": true,
                "manualPrefixRegexp": "",
                "forceTimeZone": false,
                "defaultDateFormat": "dd/MMM/yyyy HH:mm:ss"
            }
        ]
    }
    
  4. Collector の自動登録の詳細をセットアップします。
  5. root としてインストーラを実行する際には次の引数を使用できます。
    • -q は、インストーラをクワイエット モード (UI なし) で実行します。
    • -VskipRegistration=true は、インストール時の Collector の登録をスキップします。
    • -Vephemeral=trueCollector をエフェメラルに設定します (オフライン状態が 12 時間続くと削除されます)。
    • -Vsumo.accessid=<access_id> は、上記で作成したアクセス ID を指定します。
    • -Vsumo.accesskey=<access_key> は、上記で作成したアクセス キーを指定します。
    • -Vsources=<filepath> は、上記で作成した Source JSON ファイルへのパスを指定します。
    • (省略可能) -dir は、標準以外のインストール ディレクトリにインストールします。Linux では、デフォルトで /opt/SumoCollector にインストールされます。

    例:

    ./SumoCollector_linux_amd64_19_XXX-X.sh -q -VskipRegistration=true -Vephemeral=true -Vsources=/path/to/sources.json -Vsumo.accessid=<access_id> -Vsumo.accesskey=<access_key>

    または

    ./SumoCollector_linux_amd64_19_XXX-X.sh -q -VskipRegistration=true -Vephemeral=true -Vsources=/path/to/sources.json -Vsumo.accessid=<access_id> -Vsumo.accesskey=<access_key> -dir "/usr/local/SumoCollector"
    
  6. (省略可能) 生成された user.properties ファイルから name プロパティを削除します。

    デフォルトでは、Collector のインストール時にはインストーラを実行したマシンのホスト名が使用されますが、イメージを作成した場合、そのイメージを使用して作成されたすべての Collector 名に同じ接頭辞が付けられ、その後に一意のエポック タイムスタンプが付加されます。

    このイメージを使用して作成された Collector で正しいホスト名が使用されるようにするには、/opt/SumoCollector/confg/user.properties または /usr/local/SumoCollector/user.properties にある user.properties ファイルを変更します。name = <hostname>」が指定されている行を削除して、ファイルを保存します。

イメージのビルド

現在の状態のマシンを使用してイメージを生成することができます。AWS の手順に従ってイメージを作成してください。イメージから起動したインスタンスは、インスタンスの DNS 名で自動的に登録されます。インスタンスを起動すると、インストールされている Collector サービスが起動し、自動的に登録されます。

  • この記事は役に立ちましたか?