メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Linux マシン イメージへのコレクタの追加

Amazon AMI や VMware イメージなどの Linux マシン イメージに Sumo Logic コレクタを組み込むことができます。

通常、コレクタはインストール プロセス中に Sumo Logic に登録されますが、‑VskipRegistration=true フラグを指定することで登録をスキップできます。この場合、コレクタはサービスとしてインストールされ、イメージの起動時に自動的に起動して登録されるようになります。

コレクタの初期インストール

Sumo Logic の [Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] ページから、または下記のリストから適切なコレクタをダウンロードします。

  1. コレクタをダウンロードします。最新の Linux 用コレクタ ビルドの 32 ビットまたは 64 ビット静的 URL を選び、正しい Sumo Logic ポッドを選んであることを確認します。URL のリストは、ヘルプの「静的 URL からのコレクタのダウンロード」を参照してください。
  2. ファイルを実行できるように権限を変更します。

    chmod 744 SumoCollector_linux_amd64_19_XXX-X.sh
  3. カスタム ソースを設定するには、コレクタがスキャンして Sumo Logic サービスに送信するソースをすべて指定したソース JSON ファイルを作成します。これらのソース設定は、コレクタの初期登録時にのみ適用され、sources.json ファイルを更新しても、その内容はコレクタを再起動しただけでは適用されません

    下記のサンプル JSON ファイルには、ローカル ファイル ソースと syslog ソースの設定例が示されています。sources.json ファイルで使用できるすべてのソース タイプとパラメータについては、JSON ヘルプ ドキュメントを参照してください。

    サンプル sources.json:

    {
        "api.version": "v1",
        "sources": [
            {
                "sourceType": "LocalFile",
                "name": "Example1",
                "pathExpression": "/var/logs/maillog",
                "category": "mail",
                "hostName": "sampleSource",
                "useAutolineMatching": false,
                "multilineProcessingEnabled": false,
                "timeZone": "UTC",
                "automaticDateParsing": true,
                "forceTimeZone": false,
                "defaultDateFormat": "dd/MMM/yyyy HH:mm:ss"
            },
            {
                "protocol": "UDP",
                "port": 514,
                "sourceType": "Syslog",
                "name": "SyslogSource",
                "description": "SampleSyslogSource",
                "category": "events",
                "timeZone": "UTC",
                "automaticDateParsing": true,
                "multilineProcessingEnabled": true,
                "useAutolineMatching": true,
                "manualPrefixRegexp": "",
                "forceTimeZone": false,
                "defaultDateFormat": "dd/MMM/yyyy HH:mm:ss"
            }
        ]
    }
    
  4. コレクタの自動登録の詳細をセットアップします。
  5. root としてインストーラを実行する際には次の引数を使用できます。
    • -q は、インストーラをクワイエット モード (UI なし) で実行します。
    • -VskipRegistration=true は、インストール時のコレクタの登録をスキップします。
    • -Vephemeral=trueコレクタをエフェメラルに設定します (オフライン状態が 12 時間続くと削除されます)。
    • -Vsumo.accessid=<access_id> は、上記で作成したアクセス ID を指定します。
    • -Vsumo.accesskey=<access_key> は、上記で作成したアクセス キーを指定します。
    • -Vsources=<filepath> は、上記で作成したソース JSON ファイルへのパスを指定します。
    • (省略可能) -dir は、標準以外のインストール ディレクトリにインストールします。Linux では、デフォルトで /opt/SumoCollector にインストールされます。

    例:

    ./SumoCollector_linux_amd64_19_XXX-X.sh -q -VskipRegistration=true -Vephemeral=true -Vsources=/path/to/sources.json -Vsumo.accessid=<access_id> -Vsumo.accesskey=<access_key>

    または

    ./SumoCollector_linux_amd64_19_XXX-X.sh -q -VskipRegistration=true -Vephemeral=true -Vsources=/path/to/sources.json -Vsumo.accessid=<access_id> -Vsumo.accesskey=<access_key> -dir "/usr/local/SumoCollector"
  6. (省略可能) 生成された user.properties ファイルから name プロパティを削除します。

    デフォルトでは、コレクタのインストール時にはインストーラを実行したマシンのホスト名が使用されますが、イメージを作成した場合、そのイメージを使用して作成されたすべてのコレクタ名に同じ接頭辞が付けられ、その後に一意のエポック タイムスタンプが付加されます。

    このイメージを使用して作成されたコレクタが正しいホスト名を使用することを保証するには、user.properties ファイル (パスは /opt/SumoCollector/confg/user.properties または /usr/local/SumoCollector/user.properties.) を編集して、name = <hostname> の行を削除してからファイルを保存します。

イメージのビルド

現在の状態のマシンを使用してイメージを生成することができます。AWS の手順に従ってイメージを作成してください。イメージから起動したインスタンスは、インスタンスの DNS 名で自動的に登録されます。インスタンスを起動すると、インストールされているコレクタ サービスが起動し、自動的に登録されます。

  • この記事は役に立ちましたか?