メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Windows マシン イメージへのコレクタの追加

このトピックの情報を使用して、Sumo Logic コレクタを Amazon AMI、VMware イメージ、Azure 仮想マシンなどの Windows マシン イメージに組み込みます。

通常、コレクタはインストール プロセス中に Sumo Logic に登録されますが、‑VskipRegistration=true フラグを指定することで登録をスキップできます。この場合、コレクタはサービスとしてインストールされ、イメージの起動時に自動的に起動して登録されるようになります。

コレクタの初期インストール

[Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)]> [Collection (コレクション)] ページから、または下記のリストから適切なコレクタをダウンロードします。

  1. コレクタをダウンロードします。最新の Windows 用コレクタ ビルドの 32 ビットまたは 64 ビット静的 URL を選び、正しい Sumo Logic ポッドを選んであることを確認します。URL のリストは、ヘルプの「静的 URL からのコレクタのダウンロード」を参照してください。
  2. カスタム ソースを設定するには、コレクタがスキャンして Sumo Logic サービスに送信するソースをすべて指定したソース JSON ファイルを作成します。これらのソース設定は、コレクタの初期登録時にのみ適用され、sources.json ファイルを更新しても、その内容はコレクタを再起動しただけでは適用されません

    下記のサンプル JSON ファイルには、ローカル ファイル ソースとローカル Windows イベント ソースの設定例が示されています。sources.json ファイルで使用できるすべてのソース タイプとパラメータについては、JSON ヘルプ ドキュメントを参照してください。

    サンプル sources.json:

    {
        "api.version": "v1",
        "sources": [
          {
             "sourceType": "LocalFile",
             "name": "Example Log Collection",
             "pathExpression": "C:\\Application\\logs\\*.log",
             "category": "my_application"
          },
          {
             "sourceType":"LocalWindowsEventLog",
             "name":"Local Windows Events",
             "renderMessages":true,
             "logNames":[
                "Security",
                "Application"
             ],
             "category": "windows_events"
          }
        ]
    }
    
  3. コレクタの自動登録の詳細をセットアップします。
  4. インストーラの実行時には次の引数を使用できます。

    • -console は、インストーラをコンソール モードで実行します。
    • -q は、インストーラをクワイエット モード (UI なし) で実行します。
    • -VskipRegistration=true は、インストール時のコレクタの登録をスキップします。
    • -Vephemeral=trueコレクタをエフェメラルに設定します (オフライン状態が 12 時間続くと削除されます)。
    • -Vsumo.accessid=<access_id> は、上記で作成したアクセス ID を指定します。
    • -Vsumo.accesskey=<access_key> は、上記で作成したアクセス キーを指定します。
    • -Vsources=<filepath> は、上記で作成したソース JSON ファイルへのパスを指定します。
    • (省略可能) -dir は、標準以外のインストール ディレクトリにインストールします。Windows ではデフォルトで C:\Program Files\Sumo Logic Collector にインストールされます。

    例:

    SumoCollector_windows-x64_19_XXX-XX.exe -console -q -VskipRegistration=true -Vephemeral=true -Vsumo.accessid=<access_id> -Vsumo.accesskey=<access_key> -Vsources=C:\\sumo\\sources.json

    Finishing installation... というメッセージが表示されたらコマンド プロンプト ウィンドウを閉じても構いません。インストールは完了です。

  5. (AWS EC2 インスタンス上で起動した Windows ホストの場合) AWS EC2 インスタンスでは、Windows のホスト名が提供されるまでに時間がかかることがあります。ホスト名が利用できるようになるまでコレクタを待機させるには、登録中に遅延を有効にします。遅延パラメータを設定するには、インストール時に作成される collector.properties ファイル (パスは C:\Program Files\Sumo Logic Collector\config\collector.properties) に次の行を追加します。

    collector.registration.delay.ms = 30000

イメージのビルド

現在の状態のマシンを使用してイメージを生成することができます。イメージ タイプごとの手順に従ってください。  イメージから起動したインスタンスは、インスタンスの DNS 名で自動的に登録されます。インスタンスを起動すると、インストールされているコレクタ サービスが起動し、自動的に登録されます。

  • この記事は役に立ちましたか?