メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Collector を実行するユーザの設定

デフォルトでは、Collector は root ユーザ (Windows ではシステム管理者) として実行されます。コマンド ライン インストーラを使用して Collector をインストールする場合は、-VrunAs.username=[username] パラメータと -VwinRunAs.password=[password] パラメータを指定して、Collector を実行するユーザを変更できます。サポートされているすべてのパラメータの説明については「コマンド ライン インストーラのパラメータ」を参照してください。

RPM/Debian またはバイナリ パッケージを使用して Collector をインストールする場合、あるいはインストール後に Collector を実行するユーザを変更したい場合は、以下の手順に従ってください。 

  1. Collector のインストール ディレクトリの所有者を希望するユーザ名に変更します。
    sudo chown -R username /opt/SumoCollector
  2. Collector のインストール ディレクトリに移動します。
    cd /opt/SumoCollector
  3. root ユーザの下にインストールされている Collector サービスを削除します。
    sudo ./collector remove
  4. Collector の実行ファイルで RUN_AS_USER を希望するユーザ名に設定します。
    sed -i "s:#RUN_AS_USER=:RUN_AS_USER=username:" collector
  5. Collector サービスをインストールします。
    sudo ./collector install
  • この記事は役に立ちましたか?