メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Collector のインストール時のエラー メッセージ

詳細については、「Collector 管理 API」を参照してください。

エラー メッセージ トラブルシューティング手順

Unable to start Sumo Logic Collector service (Sumo Logic Collector を起動できません)

  • Collector のインストーラが Sumo Logic Collector をサービスとして設定して正常に実行することができない場合に表示されます。
  • 前回インストールされたサービスが残っていないか確認してください。必要に応じて、前のインストール ディレクトリを手動で削除してください。
  • Collector を root (Linux では sudo) またはシステム管理者として実行していることを確認してください。
  • $SUMO_INSTALL_DIRECTORY/.install4j/installation.log のログ ファイルで詳細を確認してください。

An unknown error occurred while attempting to reach Sumo Logic.Please try again (Sumo Logic との接続中に不明なエラーが発生しました。やり直してください)

Collector のインストーラが Sumo Logic に正常に接続できず、顧客のユーザ名とパスワードでワンタイム登録トークンを取得できなかった場合に表示されます。

  • インターネット接続、プロキシ、URL 設定が正しいことを確認してください。
  • 適切な Sumo エンドポイントに手動で接続を試みてください。

It's taking longer than expected to register your Collector with Sumo Logic.Please check your settings and try again. (Collector を Sumo Logic に接続するのに長い時間がかかっています。設定を確認してやり直してください)

インストーラが Collector を正しくインストールできたものの、Sumo Logic に登録できていない場合に表示されます。

  • インターネット接続、プロキシ、URL 設定が正しいことを確認してください (上記と同様)。
  • サービスが起動していることを確認してください (status.sumologic.com で詳細を確認できます)。
  • $SUMO_INSTALL_DIRECTORY/logs/collector.log と collector.out.log のログ ファイルで詳細を確認してください。

Startup failed: Timed out waiting for a signal from the JVM (起動に失敗しました。JVM からのシグナル待ちがタイムアウトになりました)

Collector を起動する Tanuki Wrapper は、ポート 31000 ~ 32000 を使用して Java 仮想マシン (JVM) を起動します。これらのポートが他のアプリケーションに割り当てられていたり、ファイアウォール設定によって無効にされていたりすると、JVM や Collector は起動できません。

この問題を解決するには、次の手順でファイアウォール設定またはポート範囲を更新して、未使用のポートに割り当て直してください。

  1. <sumo_install_dir>/config/wrapper.conf を編集して、次の行をファイルの末尾に追加します。
wrapper.jvm.port.min=<min_port_number>  # default 31000
wrapper.jvm.port.max=<max_port_number> #default 31999
wrapper.port=<some_port_number> #default 32000
  1. Sumo Logic のインストール ディレクトリから Collector を再起動します。
    sudo ./collector restart
  2. Collector が正しいポートを使用していることを確認します。
    ps -ef| grep coll   ## Linux example

couldn't derive collector name from host name (ホスト名から Collector 名を生成できませんでした)

次のコマンドを使用して、Collector アプリケーションが動作しているホスト上で DNS をテストします。

ping <hostname>
nslookup <hostname>
dig @<nameserver> <hostname>

どのコマンドでもホスト名が返されない場合は、ホスト設定ファイルを更新して、適切なホスト名を設定する必要があります。また、user.properties 設定ファイルで Collector 名を手動で指定することで、この問題を回避することもできます。 

collectors.unauthorized

資格情報が正しいことを確認してください。Sumo Logic にログインするか、または Collector 管理 API を使用して、ユーザ名とパスワード、またはアクセス ID とアクセス キーの組み合わせが正しいことを確認してください。

collectors.rate.limit.exceeded.auth

  • 資格情報が正しいことを確認してください。
  • 1 分経ってからやり直してください。

collectors.service.unavailable

status.sumologic.com を確認してください。サービスがメンテナンス中の可能性があります。数分経ってからやり直してください。

collectors.forbidden

ユーザのアカウントが無効になっているか、取り込みが無効になっている状態で Collector を登録しようとしました。問題の修復には Zuora でアカウントを変更する必要があります。

collector.error.401

資格情報が正しいことを確認してください。Sumo Logic にログインするか、または Collector 管理 API を使用して、アクセス ID とアクセス キーの組み合わせが正しいことを確認してください。

collectors.ambiguous.identify

複数アカウントがサポートされるため、同じメール アドレスが複数のアカウントで使用されている場合は、Collector を登録することができません。

アクセス ID とアクセス キーを使用して Collector を登録してください。

collectors.collector.forbidden

指定された Collector を修正する権限がありません。Collector を作成するためには、Collector の管理権限またはシステム管理者ロールが必要です。

  • この記事は役に立ちましたか?