メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

コレクタ名の強制的な適用

各コレクタ名は一意でなければなりません。新たにインストールするコレクタの名前が既存のコレクタの名前と重複するような場合には、自動的に 13 桁のエポック タイムスタンプがコレクタ名に付加されます。コレクタ名でタイムスタンプを使用しない場合は、次のいずれかを行うことができます。

  • 一意のコレクタ名を指定します。コレクタ名は、インストール時に指定することも、インストール後にコレクタ設定を編集して指定することもできます。Sumo で [Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] を選択します。コレクタに対して [Edit (編集)] をクリックします。
  • インストール時に clobber オプション (下記参照) を使用して、インストールするコレクタで既存のコレクタを置き換えます。 

(クワイエット モードでのインストール時) clobber フラグをコマンド ライン引数で指定するには、次の手順を実行します。

  1. インストーラをコマンド ラインから実行する際に、次の引数を指定します。 
    -Vclobber=true
  2. コレクタをインストールします。
  3. 生成された user.properties ファイル (config ディレクトリにあります) にclobber=true というプロパティが書き込まれていることを確認します。

(バイナリ パッケージの使用時) clobber フラグを user.properties ファイルまたは sumo.conf ファイルで指定するには、次の手順を実行します。

  1. 設定ファイルを作成します。
  • (コレクタ バージョン 19.137 以降の場合) user.properties ファイルを (コレクタのインストール ディレクトリの下にある config ディレクトリで) 作成して編集します。
  • (バージョン 19.127 より古いコレクタの場合) sumo.conf ファイルを (Mac または Linux では /etc/sumo.conf ディレクトリ、Windows では C:\sumo ディレクトリで) 作成して編集します。
  1. ファイルに clobber=true という行を入力後、保存して閉じます。
  2. コレクタを起動します。
  • この記事は役に立ちましたか?