メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

UI インストーラの詳細設定

これらのオプションは、UI インストーラの確認ダイアログで [Advanced Settings (詳細設定)] をクリックすると表示されます。各タブをクリックして設定を行ってから [Next (次へ)] をクリックすると、メインの UI インストーラのフローに戻ります。

タブ [Settings (設定)] 説明

Properties (プロパティ)

Collector の設定パラメータを設定します。

URL

  • Default URL (デフォルト URL)
  • Override the default URL (デフォルト URL を上書き)

データ コレクション API 用に Collector を登録するために使用する URL。デフォルトでは、Sumo Logic は正しいデータ コレクション API を自動的に検出します。

Proxy (プロキシ)

接続するプロキシ設定。

Source

  • Add Sources Later (後で Source を追加)
  • Add Sources from a JSON file. (Source を JSON ファイルから追加する。)

Source をすぐに追加する場合は、JSON ファイルと Source 設定を指定する必要があります。「JSON を使用した Source の設定」を参照してください。

Run As (実行ユーザ)

  • Root/Administration User (root ユーザ/システム管理者)
  • Custom User (カスタム ユーザ)

このマシンで Collector を実行するためのユーザ アカウント。

Windows では、ユーザ アカウントが「Log on as Service (サービスとしてログオン)」権限を持っている必要があります。デフォルトは [Root/Administration User (root ユーザ/システム管理者)] です。

Properties (プロパティ)

プロキシを使用してデータ コレクション API に接続する場合は、これらの設定を使用してください。

パラメータ 説明

Collector Name (Collector 名)

Web UI で Collector を識別するための名前。Collector 名は一意でなければなりません。新たにインストールする Collector の名前が既存の Collector の名前と重複するような場合には、自動的に 13 桁のエポック タイムスタンプが Collector 名に付加されます。関連情報

ホスト名

Collector が動作しているマシンのホスト名。ホスト名は最大 128 文字です。

Category (カテゴリ)

Source でカテゴリが指定されていない場合に使用する Source Category

説明

Collector の説明。

タイム ゾーン

タイム ゾーンがタイムスタンプから抽出されない場合に使用するタイム ゾーン。

CPU Target Percentage (CPU ターゲットのパーセント値)

CPU ターゲットを設定することで、Collector が使用できる CPU リソースの量を制限できます。

エフェメラル

true に設定すると、操作が何も行われない状態が 12 時間続いた時点で Collector が削除されます。詳細については、「エフェメラルとしての Collector の設定」を参照してください。

clobber

選択すると、同じ名前の Collector がすでに存在する場合は、既存の Collector が削除されます。詳細については「Collector 名の強制的な適用」を参照してくだい。

FIPS-compliant JCE (FIPS 準拠の JCE)

選択すると、FIPS 140-2 準拠の Java Cryptography Extension (JCE) が有効になります。

このオプションは、特定のデプロイでのみサポートされます。詳細については、Sumo アカウント担当者にお問い合わせください。

プロキシ設定

プロキシを使用する場合は、これらの設定を構成します。

設定 説明

Proxy Host (プロキシ ホスト)

プロキシ サーバのホスト名。

Proxy Port (プロキシ ポート)

プロキシ サーバが使用するポート。

Authentication Type (認証タイプ)

認証タイプが必要な場合は、以下の 2 種類がサポートされます。

ベーシック認証 (ユーザ名とパスワード)

NTLM ドメインを使用したプロキシ サーバへのログイン。NTLM 認証でのみ必要。

Proxy User (プロキシ ユーザ)

(省略可能) プロキシ サーバにログインするためのユーザ名。ベーシック認証と NTLM 認証で必要です。

Proxy Password (プロキシ パスワード)

(省略可能) プロキシ サーバにログインするためのパスワード。ベーシック認証と NTLM 認証で必要です。

NTLM Domain (NTLM ドメイン)

(省略可能) NTLM 認証 (ユーザ名、パスワード、NTLM ドメイン)。

  • この記事は役に立ちましたか?