メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

AWS データ タイプからのストリーミング データの収集

セットアップ ウィザードを使用すると、ホスト型コレクタと Sumo Logic アプリケーションに以下の Amazon Web Services (AWS) データ タイプを設定できます。

  • Amazon CloudFront
  • AWS CloudWatch メトリクス
  • Amazon S3 Audit
  • AWS CloudTrail
  • AWS Elastic Load Balancing

AWS データ タイプからの収集:

  1. 設定する AWS データ タイプのボタンをクリックします。
  2. 後でログの検索に使用する [Source Category (ソース カテゴリ)] は自動的に入力されます。必要に応じて名前を編集します。
  3. S3 バケットにアクセス権のあるユーザを作成し、以下の項目にユーザの資格情報を入力します。
    アクセス キー ID
    秘密アクセス キー
    S3 バケット名
    S3 リージョン
    パス式
  4. AWS CloudWatch メトリクス ソースには追加の設定が必要です。詳細は、「Amazon CloudWatch メトリクス ソース」を参照してください。
  5. S3 バケット名を含む既定のポリシー ドキュメントをコピーして、AWS コンソールに貼り付けます。

データ タイプの設定中に、セットアップ ウィザードにはプログレス バーが表示されます。このときに、データの追加や Sumo Logic Web アプリケーションへの移動ができます。ウィザードから Sumo Logic Web アプリケーションへ移動すると、プログレス バーはメイン ナビゲーション バーに表示されるので、設定の完了がわかります。

  • この記事は役に立ちましたか?