メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

セットアップ ウィザードを使用した静的ファイルのアップロード

はじめて Sumo Logic を試用する場合、ローカルの静的ログ ファイルをアップロードすることをお勧めします。これを実行するには、[Upload Files (ファイルのアップロード)] をクリックします。アップロード 1 回あたり 20 ファイル、サイズの合計は 100MB に制限されています。

ローカルの静的ファイルをアップロードすると、コレクタを設定しなくてもライブ ストリーミング データの取り込みを Sumo Logic で試すことができます。ご使用の環境でファイルを継続的にモニタリングするには、Sumo Logic Web アプリケーション内でコレクタとソースを設定します。

Apache、IIS、MySQL、またはその他の一般的なファイル タイプなどのログ ファイルをアップロードする必要があります。

以下のファイル タイプはサポートされていません。

  • bz2
  • dmg
  • doc
  • docx
  • exe
  • gif
  • jpg
  • jpeg
  • pdf
  • png
  • ppt
  • pptx
  • svg
  • tar
  • tgz
  • xls
  • xlsx
  • zip

セットアップ ウィザードで以下のステップを実行します。

  1. アップロードするログ ファイルのタイプを選択します。
  2. 後でログの検索に使用する [Source Category (ソース カテゴリ)] は自動的に入力されます。必要に応じて名前を編集します。
  3. アップロードするファイルをドラッグ アンド ドロップするか、ブラウズ ボタンを使用します。ファイルは合計で 20 ファイル、サイズは 100MB 以内に制限されています。
  4. ログ ファイルのタイム ゾーンを以下から選択します。
  • ログ ファイルのタイム ゾーンを使用します。If none present use (タイム ゾーンがない場合、次を使用します): 使用するタイム ゾーンを選択します。
  • Ignore time zone from log file and instead use (ログ ファイルのタイム ゾーンを無視して、次を使用します): 使用するタイム ゾーンを選択します。
  1. [Continue (続行)] をクリックします。

ファイルのアップロード中に、セットアップ ウィザードにはプログレス バーが表示されます。このときに、データの追加や Sumo Logic Web アプリケーションへの移動ができます。ウィザードから Sumo Logic Web アプリケーションへ移動すると、プログレス バーはメイン ナビゲーション バーに表示されるので、設定の完了がわかります。

  • この記事は役に立ちましたか?