メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Source

Source とは、Sumo Logic Collector がサイトからデータを収集するために接続する環境です。各 Source は、使用している Collector の種類に応じて、特定の方法でファイルを収集するように設定されています

Collector を登録するときに、Source の JSON ファイルを使用して Collector を設定することもできます。

AWS から収集したホワイトリスト Source 

Amazon Web Services (AWS) から収集する Source を設定する場合、AWS IP アドレスをホワイトリストに登録する必要があります。AWS によって、現在の IP アドレス範囲を JSON 形式で利用できるようになります。Amazon は、このファイルを週に数回変更することを推奨しています。

特に、Sumo Logic エンドポイントに関連付けられている IP アドレスはホワイトリストに登録する必要があります。  たとえば、米国内でデプロイしている場合は、米国東部地域の IP アドレスをホワイトリストに登録する必要があります。  エンドポイントを決定する場合の詳細情報については、「Sumo Logic エンドポイントとファイアウォール セキュリティ」を参照してください。

ファイルの更新方法、使用方法、構文、および JSON ファイルのダウンロード方法の詳細については、http://docs.aws.amazon.com/general/latest/gr/aws-ip-ranges.html を参照してください。

 

  • この記事は役に立ちましたか?