メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

ホスト メトリクス ソース

インストール済み Sumo Logic コレクタはローカル ホストに関するホスト メトリクスを収集できます。このメトリクスを取り込むと、メトリクスのグラフが作成できます。ホスト メトリクスはオープン ソースの SIGAR ライブラリを使用して収集されます。 

このトピックでは、ホスト メトリクス ソースのセットアップについて解説し、収集されるメトリクスとその時間間隔のリストを示します。このソースの JSON パラメータのリストは、「インストール済みコレクタ ソースの JSON パラメータ」を参照してください。

ホスト メトリクス ソースをセットアップするには、インストール済みコレクタが必要です。コレクタのインストール手順については、「インストール済みコレクタ」を参照してください。コレクタとソースをインストールすると、検索とダッシュボードが事前設定されたホスト メトリクス アプリケーションをインストールして、メトリクス データを分析できます。

権限の要件

root または管理者ユーザを使用しない場合、ホストのメトリクス データへのコレクタのアクセスに必要な権限を指定する必要があります。

  • Linux メトリクスは「/proc」ディレクトリから取得するため、root 以外のユーザには、このディレクトリ (およびサブディレクトリ) でホスト メトリクスを収集するための読み取り権限が必要です。
  • Windows では「Performance Monitor Users」ローカル グループにユーザを追加する必要があります。

セットアップ ウィザードを使用したホスト メトリクス ソースの自動設定

ホスト メトリクスを設定する場合、セットアップ ウィザードを使用して、ホスト メトリクス アプリケーションを自動インストールし、クエリの構文を解説するサンプル クエリを作成することをお勧めします。

セットアップ ウィザードを開くには、Sumo Logic で [Manage Data (データの管理)] > [Collection (収集)] > [Collection (収集)] を選択して、セットアップ ウィザード リンクをクリックします。

setupwizardlink.png

手順については、「ホスト メトリクスのストリーミング データの収集」を参照してください。 

ホスト メトリクス ソースの手動設定

  1. Sumo Logic で [Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] を選択します。
  2. ソースを追加するインストール済みコレクタの名前を見つけます。[Add (追加)] をクリックして、[Add Source (ソースの追加)] を選択します。
  3. [Host Metrics (ホスト メトリクス)] をソース タイプとして選択します。
    InstalledCollector.png
  4. 以下の項目を設定します。
  • Name (名前): 新しいソースに表示する名前を入力します。必要に応じて説明を入力します。ソース名メタデータは _sourceName という検索可能なフィールドに格納されます。
  • Source Host (ソース ホスト): メトリクスの収集元のマシンのホスト名を入力します。
  • Source Category (ソース カテゴリ): このソースから収集された出力を検索可能なメタデータでタグ付けするための文字列を入力します。たとえば、このソースのすべてのエンティティをタグ付けするために「firewall」[_sourceCategory] フィールドに入力します。[Search (検索)] フィールドに「_sourceCategory=firewall」と入力すると、このソースから結果が返ってきます。詳細については、「メタデータの命名規則」を参照してください。
  • Scan Interval (スキャン間隔): ソースがホスト メトリクス データをスキャンする頻度を選択します。間隔を短くすると、メッセージの量が増えて、ご使用の環境で追加の料金が発生する場合があります。デフォルトは 1 分です。
  • Metrics (メトリクス): 収集されるメトリクスのチェック ボックスをオンにします。デフォルトでは、すべての CPU およびメモリ メトリクスが収集されます。 
    • 最上位のチェック ボックスをオンにすると、カテゴリ内のすべてのメトリクスがオンになります。青色のチェックマーク アイコン icon_blue_checkmark.png はカテゴリが選択されていることを示します。
    • 個々のメトリクスを選択するには、右向きの矢印をクリックして、カテゴリを展開し、メトリクスをそれぞれ選択します。スクリーンショットに示すように、アイコンが icon_blue_minus.png に変化します。
      host_metrics_config_window.png
  1. ソースの設定が完了したら、[保存] をクリックします。

収集されるメトリクス

以下の表は使用できるホスト メトリクスのリストです。

CPU メトリクス

メトリクス

単位

説明

CPU_User

%

システム CPU ユーザ時間の合計

CPU_Sys

%

システム CPU カーネル時間の合計

CPU_Nice

%

システム CPU ナイス時間の合計

CPU_Idle

%

システム CPU アイドル時間の合計

CPU_IOWait

%

システム CPU IO 待機時間の合計

CPU_Irq

%

システム CPU 割り込みサービス時間の合計

CPU_SoftIrq

%

システム CPU Softirq サービス時間の合計

CPU_Stolen

%

システム CPU 強制待機時間の合計

CPU_LoadAvg_1min*

平均

平均システム ロード時間 (最近 1 分間)

CPU_LoadAvg_5min*

平均

平均システム ロード時間 (最近 5 分間)

CPU_LoadAvg_15min*

平均

平均システム ロード時間 (最近 15 分間)

メモリ メトリクス

メトリクス

単位

説明

Mem_Total

バイト

物理 RAM の合計

Mem_Free

バイト

システムで未使用の物理 RAM 量

Mem_Used

バイト

使用システム メモリの合計 (以下の式で算出)
MemTotal - MemFree
 

Mem_ActualFree

バイト

未使用システム メモリの実際の合計 (以下の式で算出)
Mem_Free + Buffers + Cached
ここで、
Buffers はファイル バッファに使用された物理 RAM 量、
Cached はキャッシュ メモリとして使用された物理 RAM 量

Mem_ActualUsed

バイト

使用システム メモリの実際の合計

Mem_UsedPercent

%

使用システム メモリの合計 (%)

Mem_FreePercent

%

未使用システム メモリの合計 (%)

Mem_PhysicalRam

バイト

システム ランダム アクセス メモリ

TCP メトリクス

メトリクス

単位

説明

TCP_InboundTotal

TCP 受信接続数

TCP_OutboundTotal

TCP 送信接続数

TCP_Established

TCP 確立接続数

TCP_Listen

TCP リッスン接続数

TCP_Idle

TCP アイドル接続数

TCP_Closing

TCP クローズ中接続数

TCP_CloseWait

TCP close_wait 接続数

TCP_Close

TCP クローズ接続数

TCP_TimeWait

TCP time_wait 接続数

ネットワーク メトリクス

これらのメトリクスには、以下の追加のディメンションがあります。

  • インターフェイス: ネットワーク インターフェイスの名前 (例: eth0)

ネットワーク メトリクスは累積値なので、レート オペレータを使用して、以下のメトリクスを秒あたりのレートとして表示できます。

例: metric=Net_InBytes Interface=eth0 | rate

メトリクス

単位

説明

Net_InPackets

パケット

受信パケット数

Net_OutPackets

パケット

送信パケット数

Net_InBytes

バイト

受信バイト数

Net_OutBytes

バイト

送信バイト数

ディスク メトリクス

ディスク メトリクスには、以下の追加のディメンションがあります。

  • DevName: マウント名などのデバイス名(例: udev)
  • DirName: マウント ディレクトリなどのディレクトリ名 (例: /dev)

Disk_Reads Disk_Writes Disk_ReadBytes、および Disk_WriteBytes は累積値なので、レート オペレータを使用して、以下のメトリクスを秒あたりのレートとして表示できます。

例: metric=Disk_WriteBytes | rate

メトリクス

単位

説明

Disk_Reads

回数

物理ディスクの読み取り回数

Disk_ReadBytes

バイト

物理ディスクの読み取りバイト数

Disk_Writes

回数

物理ディスクの書き込み回数

Disk_WriteBytes

バイト

物理ディスクの書き込みバイト数

Disk_Queue

回数

ディスク キュー操作回数

Disk_InodesAvailable*

ノード

未使用ファイル ノード数

Disk_Used

バイト

ファイルシステムの使用バイトの合計

Disk_Available

バイト

ファイルシステムで使用可能なバイトの合計

間隔

間隔で、ソースのメトリクス データをスキャンする頻度を指定します。Web アプリケーションでは、事前指定の間隔 (10 秒、15 秒、30 秒、1 分、および 5 分) をサポートしています。

interval パラメータを以下のように使用して、JSON で間隔を指定することもできます。

   "interval" : 60000

JSON パラメータはミリ秒単位です。60 秒 (60000 ms) 以上の単位での指定をお勧めします。間隔を短くすると、メッセージの量が増えて、ご使用の環境で追加の料金が発生する場合があります。

AWS メタデータ

AWS EC2 インスタンスで実行されるコレクタは、必要に応じて、EC2 タグなどの AWS メタデータを収集するので、ホスト メトリクスの検索が容易になります。  詳細については、「メトリクスに関する AWS メタデータ ソース」を参照してください。

複数のホストの EC2 タグを収集する場合に必要なのは、メトリクス用 AWS メタデータ ソース 1 つだけです。

  • この記事は役に立ちましたか?