メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

CRON の例とリファレンス

Sumo Logic では、Quartz CRON 式が使用されます。Quartz CRON 式の構文を以下に示します。

<seconds (秒)><minutes (分)><hours (時)><day of the month (日)><month (月)><day of the week (曜日)> <year (年)>

ここで、<year (年)> は省略可能です。

CRON 式の指定方法については、「CRON リファレンス」を参照してください。式の例ついては、「CRON の例」を参照してください。

CRON リファレンス 

Cron 式は、6 つの必須フィールド (秒、分、時、日、月、曜日) と 1 つの省略可能なフィールド (年) がホワイト スペースで区切られています。

フィールド名

使用可能な値

使用可能な特殊文字

Seconds (秒) 0 ~ 59 - * /
Minutes (分) 0 ~ 59 - * /
Hours (時) 0 ~ 23 - * /
Day (of month) (日) 1 ~ 31 * ? / L W
Month (月) 1 ~ 12 または JAN ~ DEC - * /
Day (of week) (曜日) 1 ~ 7 または SUN ~ SAT - * ? / L #
Year (年) (省略可能) 空白、1970 ~ 2199 - * /

値の指定に使用する以下の特殊文字があります。

文字 指定する値 注意書き
* すべての値。 分フィールドの * は毎分を意味します。
? 日および曜日フィールドで使用すると、値を指定しません。 ? はどちらかのフィールドで使用します。
- 範囲。 時フィールドの 10-12 は、スクリプトが 10 時、11 時、および 12 時 (正午) に実行されることを意味します。
, 追加の値。 曜日フィールドに "MON,WED,FRI" と入力すると、スクリプトは月曜日、水曜日、および金曜日のみで実行されます。
/ 増分。 秒フィールドの 0/15 は、0、15、30、および 45 秒を意味します。「/」の前に * を追加すると、0 が開始秒であることを意味します。式内の各フィールドで、一連の数値をオン/オフに設定できます。秒および分の数値範囲は 0 ~ 59 です。
# 曜日。 曜日フィールドの 6#3 は、第 3 金曜日 (6 番目の曜日は金曜日、#3 は月の第 3 金曜日) を意味します。たとえば、 #5 と指定して、その曜日の 5 回目がない場合、CRON ジョブは起動しません。# を使用すると、曜日フィールドの式は 1 つだけにできます。
L 月または週の最終日。 L は月の最終日を意味します。曜日フィールドで使用すると、 7 または SAT を意味します。曜日フィールドで他の値の後ろに使用すると、月の最終曜日を意味します。たとえば、 6L は月の最終金曜日になります。月の最終日からのオフセットも指定できます。L-3 は月の最終日の 3 日前を意味します。値のリストや範囲に L は使用しません。
W 指定日直近の平日 (Mon ~ Fri)。 15W と指定すると、CRON ジョブは月の 15 日に最も近い平日に起動します。15 日が土曜日の場合は、14 日の金曜日に起動します。15 日が日曜日の場合は、16 日の月曜日に起動します。指定できるのは、1 日だけです (日の範囲やリストは使用できません)。

CRON の例

以下は、CRON 式の例です。

  • 実行頻度 (1 回のみ) を 2018 年 12 月 18 日の 16 時 25 分に指定: 0 25 16 18 DEC ? 2018
  • 実行頻度を毎日午後 12 時 (正午) に指定: 0 0 12 * * ?
  • 実行頻度を平日毎晩午後 11 時に指定: 0 0 23 ? * MON-FRI
  • 実行頻度を毎日午前 10 時 15 分に指定:  0 15 10 * * ?
  • 実行頻度を毎週月曜、火曜、水曜、木曜および金曜の午前 10 時 15 分に指定: 0 15 10 ? * MON-FRI
  • 実行頻度を毎月 1 日の午後 12 時 (正午) に指定: 0 0 12 1 1/1 ? *
  • 実行頻度を平日の午前 8 時から午後 5 時まで毎時間に指定: 0 0 8-17 ? * MON-FRI
  • この記事は役に立ちましたか?