メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

AWS Elastic Load Balancing Source

AWS Elastic Load Balancing (ELB) は、受信するアプリケーション トラフィックを AWS クラウド内の複数の Amazon EC2 インスタンスに分散します。AWS ELB のアクセス ログは、ロード バランサーに対するすべてのリクエストの詳細情報を取得し、それらをログ ファイルとして Amazon S3 バケットに保存します。これらのメッセージを Sumo Logic にアップロードするには、AWS ELB Source を追加します。

AWS ELB Source を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Amazon S3 バケットに、Sumo Logic へのアクセス権を与えます
  2. このトピックの説明に従って、AWS で ELB のログ記録を有効にします。
  3. ログが、Amazon S3 バケットに配信されることを確認します。
  4. ELB 用の AWS Source を追加します。詳細の手順については、以下を参照してください。
  5. 省略可能: AWS Elastic Load Balancing 用の Sumo Logic アプリケーションをインストールします。

AWS での ELB ログを有効にします。

デフォルトでは、組織の AWS アカウントで ELB のログは有効化されていません。ログの有効化については、AWS のドキュメントの関連情報を参照してください。

AWS でログを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. AWS 管理コンソールで、[EC2] > [Load Balancers (ロード バランサー)] の順に選択します。
  2. [Access Logs (アクセス ログ)] で、[Edit (編集)] をクリックします。
  3. [Configure Access Logs (アクセス ログの設定)] ダイアログ ボックスで、[Enable Access Logs (アクセス ログを有効化)] をクリックし、間隔と S3 バケットを選択します。これは、Sumo Logic にログをアップロードする S3 バケットです。
  4. [Save (保存)] をクリックします。

AWS Source

  • この記事は役に立ちましたか?