メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

AWS S3 Source

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) では、Web サービス インターフェイスが提供されており、このインターフェイスを使用して Web 上の任意の場所から任意の量のデータを格納および取得できます。データを S3 から Sumo Logic にアップロードするには、Amazon S3 Source を使用します。

1 つの Amazon S3 Source でデータを収集できるのは、1 つの S3 バケットのみです。ただし、複数の S3 Source で、1 つの S3 バケットからデータを収集するように設定することもできます。たとえば、1 つの S3 Source を使用して 1 つの特定のデータ タイプを収集し、次に別の S3 Source を設定して別のデータ タイプを収集することができます。

S3 のパフォーマンス最適化については、「リクエスト率およびパフォーマンスのガイドライン」を参照してください。 

圧縮されたデータ

S3 Source はプレーン テキストまたは gzip 圧縮テキストのどちらかを収集できます。データはデフォルトでプレーン テキストとして処理されますが、以下の両方の条件が当てはまる場合は gzip 展開が使用されます。

  1. 対象ファイルの拡張子が .gz または .gzip であるか、ファイル拡張子がない。
  2. 対象ファイルの最初のバイトが gzip ファイル形式と一致する。

Amazon S3 Source の設定

  1. Amazon S3 バケットに、Sumo Logic へのアクセス権を与えます
  2. Amazon コンソールを使用して、AWS のログを有効にします
  3. ログが、Amazon S3 バケットに配信されることを確認します。
  4. S3 Source の AWS Source を Sumo Logic に追加します。詳細については、以下を参照してください。

AWS Source

  • この記事は役に立ちましたか?