メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Source JSON 設定ファイルの構築

Collector や Source を設定するための JSON ファイルを作成する場合のベスト プラクティスは、UI を使用して、ニーズに適したパラメータ設定で最初の Collector と Source を作成し、それらの JSON ファイルをテンプレートとして他の Collector や Source を構築することです。詳細については「Source JSON 設定に表示またはダウンロード」を参照してください。

JSON ファイルで Source を設定する方法と、JSON ファイルを読み込むように Sumo を設定する方法については、「ローカル設定ファイルの管理」を参照してください。

json_dialog.png

  • この記事は役に立ちましたか?