メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

ローカル設定ファイル管理

ローカル設定ファイル管理により、UTF-8 でエンコードされた 1 つまたは複数の JSON ファイルを使用してインストール済みコレクタのソースを設定できます。

ローカル設定ファイル管理に切り替えた後は、Sumo Web アプリケーションやコレクタ管理 API ではソースを管理できなくなりますので注意してください。Sumo Web アプリケーションの [Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] ページで [Add Source (ソースの追加)] オプションが無効になります。

ローカル設定ファイル管理の利点

経験豊かなシステム管理者であれば、ローカル設定ファイル管理を使用することで、デプロイ全体でソースをすばやく設定することができます。

  • Sumo Web アプリケーションへのログインや API コールは不要になります。その代わりに、JSON 設定ファイルを編集するだけで、コレクタによって直ちに変更内容が読み込まれます。
  • 大規模なデプロイでは、ソースを 1 つずつ追加または編集することは現実的ではありません。ローカル設定管理を使用することで、ソースの管理が容易になります。
  • デプロイ ツールを使用することで、確立されたデプロイ ポリシーが妨げられません。

ローカル設定ファイルでのソースの指定オプション 

ローカル設定ファイル管理は 2 通りの方法で実装できます。

  • すべてのソースを UTF-8 でエンコードされた 1 つの JSON ファイルで指定する 
  • UTF-8 でエンコードされた複数の JSON ファイルを使用してソースを指定し、それらのファイルを単一のフォルダに配置する。各ソースの定義をそれぞれのファイルに記述するか、または複数のソースの定義を 1 つのファイルに記述することができます。 

各 JSON ファイルには .json という拡張子を付ける必要があります。例:

source1.json

JSON 設定の例は、「JSON を使用したソースの設定」を参照してください。同トピックには、すべてのソース タイプに適用される共通パラメータと、各ソース タイプに特有のパラメータを説明したトピックへのリンクがあります。

設定ファイルはコレクタ上に残り、変更がないか常時チェックされます。

JSON ファイルでの 1 つのソースの定義

 1 つのソースを定義した JSON ファイルの例です。

{
  "api.version":"v1",
  "source":{
     "sourceType":"LocalFile",
     "name":"Example1",
     "pathExpression":"/var/logs/maillog",
     "blacklist":[
        "/var/log/*log1.log"
     ]
  }
}

JSON ファイルでの複数のソースの定義

1 つの JSON ファイルで複数のソースを定義する場合は、各ソースを sources JSON 配列に定義します。

{
  "api.version":"v1",
  "sources":[
     {
        "sourceType":"LocalFile",
        "name":"Example1",
        "pathExpression":"/var/logs/maillog",
        "blacklist":["/var/log/*log1.log"]
     },{
        "sourceType":"LocalFile",
        "name":"Example2",
        "pathExpression":"/var/logs/syslog",
        "Blacklist":["/var/log/*log1.log"]
     }
  ]
}

新しいコレクタとソースの設定方法については、「新規コレクタおよびソースのローカル設定ファイル管理」を参照してください。 

既存のソースをクラウド管理からローカル設定ファイル管理に変換する方法については、「既存のコレクタおよびソースのローカル設定ファイル管理」を参照してください。

JSON ファイルまたはフォルダの場所の設定

ローカルファイル設定管理を使用する場合は、1 つのJSON ファイルまたは複数の JSON ファイルが入ったフォルダの場所をコレクタの config/user.properties ファイルに指定します。設定ファイルまたはフォルダの場所を指定するには、syncSources パラメータを使用します。利用できるすべてのパラメータの詳細については、user.properties を参照してください。

  • syncSources.コレクタの登録時にソースを定義するために使用します。このパラメータで指定したソース定義は継続してモニタリングされ、コレクタの設定と同期されます。 
  • *nix では、コレクタのソースを定義する 1 つの JSON ファイルを指定します。

syncSources=/path/to/sources.json

  • *nix では、コレクタのソースを定義する複数の JSON ファイルが格納されたフォルダを指定します。

syncSources=/path/to/sources-folder

  • Windows では (バックスラッシュのエスケープに注意)、コレクタのソースを定義する複数の JSON ファイルが格納されたフォルダを指定します。

syncSources=C:\\path\\to\\sources-folder\\

  • この記事は役に立ちましたか?