メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

検索構文の概要

Sumo Logic の検索言語は、リアル タイムでログ リポジトリ全体を操作し、ログ Source の数にも影響されません。検索のクエリ言語は直感的で効率が良いため、数秒で数テラバイトのデータを検索して結果を確認できます。

クエリ構文

Sumo Logic の検索は、じょうご即ち「パイプライン」の概念に基づいています。現在の全 Sumo Logic データから始め、キーワードと operator をパイプ (「|」) で区切って入力していきます。各 operator は、前の operator からの結果に基づいて、さらに結果を処理します。結果が徐々に返され、最新のメッセージが最初に表示されます。時間をさかのぼってログ データの検索が進むにつれて、[Messages (メッセージ)] タブにメッセージが徐々に追加されます。

一般的な検索クエリの構文は次のようになります。

keyword expression | operator 1 | operator 2 | operator 3

Keyword Expression (キーワード式): 単純化のために、検索クエリの最初の語句を「キーワード」式と呼びます。実際、クエリのこの部分は非常に強力な全文ブール検索式です。キーワード式では、_sourceCategory、_sourceHost などのフィールドのメタデータ検索も含めることができ、大文字と小文字は区別されません。クエリでの全文検索の詳細については、「キーワード検索式」を参照してください。

Operators (operator): 最初の全文検索でフィルタ処理した後、後続の operator でデータのフィールド内を parse し、条件式を使用して結果を絞り込んでから、結果を集計して整理できます。

パイプ「|」区切り

パイプ区切りは、キーワード式とそれ以降の各 operator を区切るために使用します。各パイプ区切り operator は、前の operator からの検索結果をさらに処理します。複数の operator を 1 つのパイプで使用することができますが (例: sum と avg)、これらの operator は指定されたフィールドで一緒に処理されます。

構文:

  • キーワード検索式の後にパイプ「|」を続けます。
  • 各 operator の前にパイプ「|」を付けます。

例:

User-Parsed Fields

値を parse または抽出して、エイリアス (フィールド) に割り当ててから結果に割り当てることができます。このフィールドは現在の検索に対してのみ有効であり、新しい検索には引き継がれません。フィールドを作成するときには、次のいくつかのルールに従う必要があります。

  • フィールド名には、英数字、ハイフン、およびアンダースコアを含めることができますが、先頭と末尾は常に英数字にする必要があります。Sumo Logic の組み込みフィールドとデフォルトのエイリアスはすべて、_sourceCategory、_sourceHost、_count_distinct のように先頭にアンダースコアが付けられています。src_IP というフィールドを生成するクエリの 2 つの例を次に示します。
    • * | parse regex "(?<src_IP>\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3})"
    • _sourceCategory=apache | parse "* " as src_IP
  • 1 つのクエリ内で複数のフィールドを抽出して名前を付けることができます。たとえば、次のクエリによって "type" および "user" フィールドが作成されます。
    • _sourcehost=vpn3000 | parse "Group  [*] User [*]" as type, user
  • フィールド名が指定されていない場合、aggregate operator は自動的にフィールド名を作成します。たとえば、count operator を使用すると、_count という名前のフィールドが作成されます。Sum operator によって _sum というフィールドが作成されます。Max operator によって _max という名前のフィールドが作成されます。
  • ユーザが parse したフィールドの名前には、group や sum など、Sumo Logic operator の名前のような既存の単語を使用しないでください。

Parse フィールドの詳細については、parse field の説明を参照してください。 

  • この記事は役に立ちましたか?