メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

使用されているデータの種類の検出

Sumo Logic 環境で使用されているデータの種類がわからない場合、検索クエリを作成することは容易ではありません。 

次の単純なクエリを使用して、既存の Source Category、Source 名、および Source ホストの有効値を特定できます。これらのクエリを使用して、各有効値のデータ ボリュームを概算することもできます。

Source Category の場合:

* | count_frequent(_sourceCategory)

Source ホストの場合:

* | count_frequent(_sourceHost)

Source 名の場合:

* | count_frequent(_sourceName)

  • この記事は役に立ちましたか?