メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

複数の環境へのアプリケーションのインストール

データを生成する複数の環境を Sumo Logic アプリケーションを使用してモニタリングする必要がある場合 (たとえば、運用、開発、テスト用などの環境)、それぞれの環境で次の手順を実行する必要があります。

  1. 各環境で、Sumo Logic Collector と Source をセットアップします。インストール時に環境名をアプリケーションで明確に指定するために、Source ホストと Source Category に正しい名前が付けられていることを確認してください。
  2. その環境で特定の Sumo Logic アプリケーションに必要なすべての前提条件の手順を実行します。各 Sumo Logic アプリケーションには固有の要件があるため、必ずそのアプリケーションの特定の手順に従ってください。
  3. 各環境に Sumo Logic アプリケーションのインスタンスをインストールし、その環境からのデータを受け入れるように設定し、デプロイされた環境を反映するようにアプリケーションの名前を変更します。

データは、各環境 (生産、開発、テストなど) から対応するインストール済みの Sumo Logic アプリケーションに送られます。環境データとその Source は、ユーザまたは管理者によって設定されたホスト名と Source Category によって識別されます。

インストールの例

この例では、会社に 3 つの環境 qa、prod、および perf があります。Sumo Logic Collector と Source を設定して各環境を正しく識別し、Sumo Logic アプリケーションに必要な前提条件の手順をすべて実行してから、最後に各環境にアプリケーションのインスタンスをインストールします。

Sumo Logic Collector と Source のセットアップ

アプリケーションをインストールする前に、Source ホストのメタデータがデプロイ先を示すように、各環境で Collector を定義します。たとえば、次のような名前を付けます。

  • abc13-qa-cluster01
  • acb10-prof-cluster03
  • abc01-prod-cluster12

会社での Sumo Logic の設計方法によっては、Source Category でこれらの名前も指定するように設定できます。

Sumo Logic アプリケーションに必要な前提条件をすべて実行します。

各 Sumo Logic アプリケーションには固有の要件があるため、必ずそのアプリケーションの特定の手順に従ってください。詳細については、「Sumo Logic アプリケーション」を参照してください。

環境ごとに Sumo Logic アプリケーションのインスタンスをインストール

  1. 最初の環境 qa 用の Sumo Logic アプリケーションのインスタンスをインストールします。
    • Source ホストを使用して環境を識別した場合は、[Install Application (アプリケーションのインストール)] ダイアログで、_sourceHost=qa を使用したカスタム データ フィルタを使用してアプリケーションを設定できます。
    • Source Category を使用して環境を正確に指定する場合は、アプリケーションのインストール時に、Source Category _sourceCategory=qa-abc を使用して設定できます。
    • アプリケーションのタイトルの名前を変更して、設定先の環境を指定します (Windows-QA など)。
  2. 次に、prod 環境用の Sumo Logic アプリケーションのインスタンスをインストールします。
    • [Install Application (アプリケーションのインストール)] ダイアログで、Source Host 内の環境の名前 (_sourceHost=prod など) を指定します。
    • アプリケーションのタイトルの名前を変更して、設定先の環境を指定します (Windows-Prod など)。
  3. 最後に、perf 環境に Sumo Logic アプリケーションのインスタンスをインストールします。
    • [Install Application (アプリケーションのインストール)] ダイアログで、Source ホスト内の環境の名前 (_sourceHost=perf など) を指定します。
    • アプリケーションのタイトルの名前を変更して、設定先の環境を指定します (Windows-Perf など)。
  • この記事は役に立ちましたか?