メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

LogCompare の実行

LogCompare の処理の実行では、事前設定された時間シフトを使用するか、検索用にカスタムの時間シフトを作成できます。LogCompare ボタンをクリックしたときのデフォルトは 24 時間のシフトです。

時間設定された LogCompare の実行

  1. 検索するキーワードを入力して、Enter を押すか、[Start (開始)] を選択します。例: error
  2. 検索の時間範囲を選択します。この例では [Last Minute (過去 1 分間)] が選択されています。
  3. [Messages (メッセージ)] タブに最初の結果が表示されたら、[LogCompare] をクリックしてクエリをすぐに実行するか、メニューを使用して別の時間シフトを選択します。
  4. logcompare operator と timeshift -24h がクエリに追加されます。次の例を参照してください。 

    error | logcompare timeshift -24h

  5. 結果は、[Signatures (シグネチャ)] タブに表示されます。

カスタム LogCompare の実行

  1. 検索するキーワードを入力して、Enter を押すか、[Start (開始)] を選択します。例: 

    _sourceCategory=stream
     
  2. 時間範囲を選択します。この例では [Last Minute (過去 1 分間)] が選択されています。
  3. [Messages (メッセージ)] タブに最初の結果が表示されたら、[LogCompare] ボタンの横にある矢印をクリックするか、メニューから [Custom (カスタム)] を選択します。
    logcompare_custom.png
  4. [Custom LogCompare (カスタム LogCompare)] ダイアログで、次の編集を行うことができます。
  • Baseline Query (基準クエリ)。元のクエリ。
  • Time Shift (時間シフト)。これは Baseline Query (基準クエリ) の時間シフトであり、Baseline Query (基準クエリ) を実行するタイミングを制御します。時間シフトが -2d の場合は、2 日前の正確な時間範囲 (このクエリでは 1 分) の期間について実行されます。
  • Target Query (対象クエリ)。対象クエリは、元は基準クエリと同じものですが、編集して新しい対象と比較できます。ここでは、_sourceCategory=stream と比較するために
    _sourceCategory=analysis が追加されています。
  • Time Range (時間範囲)。時間範囲は、対象クエリと基準クエリの両方に関係します。[Search (検索)] ページの時間範囲と同様に、事前設定済み時間範囲、相対時間範囲、または絶対時間範囲を入力できます。時間範囲は、時間シフトの (start_time = now - timeshift) または (start_time + end_time) によって指定できます。
    • 対象の時間範囲では、end_time が指定されていない場合は、暗黙的に now が設定されます。
    • 基準の時間範囲では、end_time が指定されていない場合、暗黙的に (end_time = start_time + range_length) のように設定されます。(range_length = end_time - start_time) には、対象の時間が使用されます。
  1. [Run (実行)] をクリックします。
  2. logcompare、timeshift、および baseline operator がクエリに追加されます。 

    _sourceCategory=analysis | logcompare timeshift -2d baseline (_sourceCategory=stream)
     
  3. 結果は、[Signatures (シグネチャ)] タブに表示されます。

時間シフトと時間範囲の例

次の例では、カスタム LogCompare の検索を設定するときに [Time Shift (時間シフト)][Time Range (時間範囲)] と比較される意味について説明します。

次のクエリは、[Time Range (時間範囲)]-1d (当日の日付は 2018 年 11 月 10 日 (11/10/2018)) で、[Time Shift (時間範囲)]-30d で実行されます。

_sourceCategory=prod/* "error: 400"
| logcompare timeshift -30d

このクエリは、現在 (対象) の検索を昨日の 11/09/2018 から 11/10/2018 に対して実行し、さらに基準 (過去) の検索を 10/10/2018 から 10/11/2018 (30 日前の 1 日間の時間範囲) に対して実行し、両方の検索のログ シグネチャを比較します。

次のクエリは、[Time Range (時間範囲)]-30d (当日の日付は 2018 年 11 月 10 日 (11/10/2018)) で、[Time Shift (時間範囲)]-1d です。

_sourceCategory=prod/* "error: 400"
| logcompare timeshift -1d

現在 (対象) の検索を過去 30 日の 10/11/2018 から 11/10/2018 に対して実行し、さらに基準 (過去) の検索を 2018/10/10 から 11/09/2018 (過去 30 日間の時間範囲を 1 日シフト) に対して実行し、次に比較します。

  • この記事は役に立ちましたか?