メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

parseDate

parseDate オペレータを使用すると、文字列から日付または時刻を抽出して、タイムスタンプ (ミリ秒) を取得できます。

構文

  • parseDate(<strDate>, <dateFormat>)
  • parseDate(<strDate>, <dateFormat>, <timeZone>)

timeZone, を指定しないと、日付は太平洋標準時刻 (PST) が返されます。timeZone コードのリストについては、https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_tz_database_time_zones を参照してください。

ルール

次のようなログ メッセージがあるとします。

instance of Win32_NTLogEvent
{
	EventIdentifier = 100;
	Logfile = "Application";
	RecordNumber = 894528;
	SourceName = "Bonjour Service";
	TimeGenerated = "20170720000030.000000-000";
	TimeWritten = "20170720000030.000000-000";
	Type = "Error";
    ...

次のクエリを実行すると、タイムスタンプ (ミリ秒) として TimeGenerated (この例では 1500534030000) が返されます。

| parse "TimeGenerated = \"*.000000-000" as dd
| parseDate(dd, "yyyyMMddHHmmss") as milliseconds

タイム ゾーンを指定するには:

| parseDate(dd, "yyyyMMddHHmmss", "etc/utc") as milliseconds

その他の参照先

  • この記事は役に立ちましたか?