メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

backshift

backshift operator は、時間の経過とともに変化する値を比較します。backshiftrollingstdsmooth をはじめとして、その結果がデータのスパイクに影響を受ける可能性がある operator と一緒に使用できます (スパイクによって将来の結果に誤差が生じる可能性がある)。

backshift では、自動的にタイムスライスが追加されることも、何らかの方法で並べ替えが行われることもありません。たとえばタイムススライスを追加したり、必要に応じて何らかの並べ替えを追加するために手動で他の operator を追加することはできます。時系列分析を追加するには、クエリの backshift operator の前に _timeslice | ... | sort + _timeslice を追加します。

構文

  • backshift <field> [, shift_length]

ルール

  • backshift のエイリアスは省略可能です。エイリアスが指定されない場合、_backshift がデフォルトのエイリアスとなります。
  • 指定されるフィールドには数値が含まれている必要があります。
  • backshift operator を含むクエリをダッシュボードに追加するには、backshift operator の前に group by 関数を追加する必要があります。
  • デフォルトのウィンドウ長 (shift_length) は 10 です。
  • 最大のウィンドウ長は 1000 です。

backshift を使用して、時点間のフィールドの差を確認します。

次のようなクエリを実行するとします。

_sourcecategory=Labs/Apache/Access 
| timeslice by 1m 
| count by _timeslice 
| sort + _timeslice 
| backshift _count,10 as size

結果は次のようになります。

backshift_new_table.png

続いて、結果を面グラフとして視覚化できます。

backshift_new_graph.png

 

  • この記事は役に立ちましたか?