メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

contains

contains オペレータは 2 つのパース済みフィールドの文字列値を比較し、最初のフィールド値に 2 番目のフィールド値が含まれているかどうかを、ブール値の結果で返します。

構文

  • contains(<field1>, <field2>) as <field>
  • <field1> contains <field2> as <field>
  • | where <field1> contains <field2>
  • | where contains(<field1>, <field2>)

ルール

  • フィールド値は文字列である必要があります。必要であれば値をキャストできます。
  • field2 の文字列全体が field1 に存在している必要があります。
  • 比較では大文字と小文字が区別されます。
  • field2 の値が field1 に含まれていれば true、含まれていなければ false を返します。
  • field1 と field2 がどちらも空であれば true、片方だけが空であれば false を返します。

以下のサンプル ログがあるとします。

instance of alertNotification{ EventIdentifier = 100; Address = 123 Main Street, San Francisco, California; City = San Francisco; State = CA;}

ログでは city の値が「San Francisco」で、address の値が「123 Main Street, San Francisco, California」になっていますので、contains オペレータを使用して、city の値が address に含まれていれば true を返すように指定できます。

| where contains(address, city)

  • この記事は役に立ちましたか?