メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

if オペレータと ?

Sumo Logic のクエリで使用できる三項式には 2 つの形式があります。1 つは IF オペレータを使用し、もう 1 つは疑問符 (?) オペレータを使用して式を組み立てます。式は少し異なりますが、結果は同じです。使いやすい構文を使用してください。

これらの式は、条件を true または false で評価します。値は各結果に割り当てられます。if-else 条件を簡単に表現するための方法です。テストに基づき、条件が真であれば式全体は value_if_true を返し、偽であれば value_if_false を返します。2 つのサブ式 (value_if_true と value_if_false) は同じ型でなければなりません。

構文

  • if(<condition>, <value_if_true>, <value_if_false>) as <field>

  • ... | if(status_code matches "5*", 1, 0) as servererror | ...
  • ... | if(status_code matches "2*", 1, 0) as success | ...
ネスト化 if ステートメント (if...elseif...else)

ネスト化 if ステートメントを作成するには、クエリで次の構文を使用します。

| if(message matches "*/schedule?*","Alert Scheduled",
if(message matches "*/update?*","Alert Updated",
if(message matches "*/cancel?*","Alert Canceled","N/A"))) as problem

疑問符 (?) オペレータの使用

構文

  • ... | <field> = <condition> ? <value_if_true> : <value_if_false> | ...

  • disk_usage > threshold ? "disk full" : "OK" as status
  • a < b ? a : b      // This is the same as min(a, b)

null 値の処理については isNull オペレータを参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?