メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

num

Num operator は、フィールドを浮動小数点値に変換します。デフォルトのアルファベット順ではなく、数値を基準に結果をソートする場合は、クエリで num を使用すると便利です。

倍精度値の方が使いやすい場合には、エイリアスのように toDouble を operator として使用することもできます。

構文

  • num(<field>) 

ルール

  • 実数の場合は、フィールド値は負または正の整数あるいは実数でなければなりません。例: 500、123234820932、または 352.748

このクエリは、Scheduled Search を検索して、実行にかかった時間 (秒数) 順にソートします。変換を行わないと、結果はアルファベット順にソートされます。

_sourceCategory=concierge completed execution
| parse "Execution duration: * s" as duration
| num(duration) | sort by duration

結果は次のようになります。

numoperator.png

  • この記事は役に立ちましたか?