メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

queryTimeRange()

queryTimeRange() オペレータは、クエリの期間をミリ秒数で返します。このオペレータにより、連続クエリ (CQ) の時間範囲を確立できます。ライブ モードのダッシュボードやリアルタイムのスケジュール済み検索で実行されるクエリでは、このオペレータの方が queryStartTime() オペレータと queryEndTime() オペレータの組み合わせよりも正確であるため、こちらの方が推奨されます。

構文

  • queryTimeRange() as <field>

ルール

  • エイリアスは必須です。

クエリの時間範囲を取得するには:

error
| queryTimeRange() as range

  • この記事は役に立ちましたか?