メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

tourl

tourl operator は、URL を記述した短縮名を割り当てます。短縮名を使用して URL 用の href を作成するのと似ています。URL は一般に長く、開いたときにどのような情報が表示されるのかがわかりません。tourl operator を使用すると、URL の説明をダッシュボードに表示できるようになります。

構文

  • tourl(<url_column_name>, <url_short_name_column>) as <field>
  • tourl(<url_column_name>, <url_short_name_column>, <url_short_name_prefix>, <url_short_name_suffix>) as <field>

各パラメータの説明

  • url_column_name は、短縮名を割り当てる URL の入った列です。

  • url_short_name_column は、URL の短縮名です。静的な名前を指定することも、列の値を使用した変数とすることもできます。

  • url_short_name_prefix (省略可能) は、短縮名に付ける接頭辞です。
 使用する場合は接尾辞が必要です。
  • url_short_name_suffix (省略可能) は、短縮名に付ける接尾辞です。使用する場合は接頭辞が必要です。

ルール

  • 省略可能なパラメータの片方を指定する場合は、他方も指定しなければなりません (接頭辞と接尾辞)。値を持たない引数では空文字列 ("") を指定する必要があります。
  • url_column_name では、完全な形式の URL (例: http://google.com) または www で始まる URL (例: www.google.com) のみがサポートされます。

静的名を短縮名として使用

ホスト検索クエリによるアカマイ DDoS 防御のページをダッシュボードで他のユーザと共有している場合は、tourl operator を使用して、ダッシュボードの URL に href を追加できます。
このクエリを実行することで、短縮名を生成できます。

| tourl("https://www.sumologic.net/ui/#section/search/H10KMVHzntXo9PrFAumuFemdU27f2iqU7bA3U7Lq", "Akamai Denials by Host") as AkamaiQuery

このクエリをダッシュボードに追加すると、短縮名が表示されます。リンクをクリックすると、ホスト検索クエリによるアカマイ DDoS 防御のページが表示されます。

AkamaiSearchQuery.png

短縮名での列と接頭辞の使用

失敗した Scheduled Search のダッシュボードで tourl operator を使用すると、Scheduled Search が失敗した時刻を表示して、Scheduled Search の URL ではなく検索 URL にリンクすることができます。

このクエリを実行することで、短縮名を生成できます。

_index=sumologic_audit class=scheduled_search action=FINISH status=FAILURE
| where _sourceCategory="scheduled_search"
| KV "SchTime", "Url"
| tourl(Url, SchTime,"Scheduled search failed at: ","") as urlfailed
| count by urlfailed

クエリでは、省略可能な接頭辞パラメータの値として "Scheduled search failed at: " を使用し、接尾辞パラメータの値には ("") を使用しています。

クエリの結果は次のようになります。

tourlResult.png

結果をダッシュボードに追加すると、短縮名が表示されます。リンクをクリックすると、Scheduled Search クエリが開きます。

toUrlDashboard.png

  • この記事は役に立ちましたか?