メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

パーセンタイル (pct)

pct operator は指定したフィールドの指定したパーセンタイルを計算します。 

operator には次の 2 つの方法で機能します。

  1. operator は 1,000 個以下のデータ ポイントにおける正確なパーセンタイルを返します。
  2. 1,000 個を超えるデータ ポイントについては、pct operator は自動的に t-digest アルゴリズムに切り替わり、概算結果を計算します。この概算は、極値 (99 位および 1 位のパーセンタイルなど) の近傍では正確ですが、メジアンの近傍では正確さが低下します。

operator への入力は、パーセンタイルです。例:

  • pct(x, 50) はメジアン (50 位パーセンタイルおよび 0.5 位分位点) を計算します。
  • pct(x, 0.50) は 0.5 位パーセンタイル (または 0.005 位分位点) 計算します。つまりメジアンではありません。

構文

  • ...| pct(<field> [, percentile]) [as <field>] [by <field>]
  • ...| pct(<field> [, percentile, percentile, percentile]) [by <field>]

ルール

  • _<fieldname>_pct_<percentile> {or [alias] if that's given} というフォーマットの名前でフィールドを作成します。
  • 1 つのクエリ内の複数のパーセンタイル引数はコンマで区切ります。
  • 複数の pct 関数を同じ group-by 集計に含めることができます。
  • pct operator では小数パーセンタイルを使用できます。

| parse "filesize=*" as filesize
| pct(filesize, 75, 95) by _sourceHost

このクエリを実行すると、フィールド _filesize_pct_75_filesize_pct_95 (各 Source ホストの 75 位および 95 位パーセンタイル ファイル サイズに対応) が作成されます。

クエリで 99.9 位パーセンタイルを計算するには、pct(millis, 99.9) などを使用します。

  • この記事は役に立ちましたか?