メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

AWS Elastic Load Balancing ULM - Application

AWS Application Load Balancer は、アプリケーション層で動作し、リクエストを受信して、優先度順にリスナー ルールを評価して適用するルールを決定し、ターゲット グループからターゲットを選択します。AWS Elastic Load Balancing ULM - Application 用 Sumo Logic アプリケーションは、アプリケーション ロード バランサーとターゲット グループの健全性を表示するログとメトリクスの統合 (ULM) アプリケーションです。事前設定済みのダッシュボードを使用すると、可用性ゾーンおよびターゲット グループ別に、レイテンシ、リクエストとホストのステータス、Threat Intel、および HTTP バックエンド コードを理解できます。

メトリクスとログのタイプ

このアプリケーションでは次を使用します。

  • AWS/ApplicationELB 名前空間にあるメトリクス。詳細についてはこちらをご覧ください。
  • Application Load Balancer アクセス ログでは、Classic ELB アクセス ログのフィールドに 2 つのフィールドが追加されています。
    1. Type (タイプ)。リクエストや接続のタイプ (HTTP、HTTPS、H2、ws、wss)
    2. Target_group_arn。ターゲット グループの Amazon Resource Name (ARN)

    ログは、指定された S3 バケットに .gzip 形式で保存され、次の順序でフィールドが格納されます。

    timestamp, elb, client:port, target:port, request_processing_time, target_processing_time, response_processing_time, elb_status_code, target_status_code, received_bytes, sent_bytes, request, user_agent, ssl_cipher, ssl_protocol, target_group_arn, trace_id

    ALB アクセス ログの詳細に付いては、AWS ドキュメントを参照してください。