メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

AWS Lambda

AWS Lambda を使用すると、サーバのプロビジョニングや管理を必要とせずにコードを実行できます。
AWS Lambda 用 Sumo Logic アプリケーションを使用すると、アカウント内のすべての Lambda 関数の運用とパフォーマンスの傾向をモニタリングできます。このアプリケーションは、Lambda 用の AWS CloudWatch ログと CloudTrail Lambda データ イベントの 2 つのデータ ソースを使用します。このアプリケーションにより、次のことが可能になります。

  • 呼び出された関数の詳細として、関数名、バージョン、IAM ユーザの場所、AWS サービス、AWS リージョン、および外れ値 (ある場合) を経時的に表示できます。
  • AWS アカウントで実行するすべての Lambda 関数をモニタリングできます。
  • 最も多くリソースを消費する関数を特定できます。
  • リクエスト、請求期間、最大メモリ量など、関数別に重要な主要パフォーマンス指標 (KPI) を相関させることができます。
  • 同じ関数の異なるバージョンの導入やパフォーマンスをトラッキングし、その関数の影響の評価に活用できます。
  • Sumo Logic CrowdStrike との統合により脅威を理解できます。

ログ タイプ

AWS Lambda 用 Sumo Logic アプリケーションは以下を使用します。 

  1. AWS CloudWatch ログ。詳細については、こちらを参照してください。
  2. CloudTrail Lambda データ イベント。詳細については、こちらを参照してください。

 

  • この記事は役に立ちましたか?