メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Amazon DynamoDB アプリケーションのインストールとダッシュボードの表示

App カタログから DynamoDB アプリケーションをインストールしてダッシュボードを表示するための手順です。

Sumo Logic アプリケーションのインストール

これで収集の設定が完了したため、Amazon DynamoDB 用 Sumo Logic アプリケーションをインストールして、あらかじめ設定されているダッシュボードを活用してデータを分析できます。 

アプリケーションをインストールするには、次の手順を実行します。

ダッシュボード

Amazon DynamoDB - Overview (概要)

イベント、エラー、リクエスト、ユーザ、レイテンシなど、DynamoDB 環境の概要を表示します。

Overview .png

Location of Events (イベントのロケーション)。過去 24 時間におけるイベント数を地図上に表示します。

System Error Count (システム エラー数)。過去 24 時間におけるシステム エラー メトリクス数を折れ線グラフで表示します。

DynamoDB Events Over Time (過去の DynamoDB イベント)。過去 24 時間における DynamoDB イベント数を折れ線グラフで表示します。

Throttled Requests by Table and Operation Name (テーブルとオペレーション名ごとの調整済みリクエスト)。過去 24 時間におけるテーブルごととオペレーションごとのメトリクス調整済みリクエスト数を折れ線グラフで表示します。

Errors in Events (イベント エラー)。エラー コード、エラー メッセージ、イベント名、ユーザ、Source IP、カウントなど、過去 24 時間においてイベントで発生したエラーの詳細をテーブルで表示します。

Latency By Table Name (テーブル名ごとのレイテンシ)。過去 24 時間のテーブルごとの Successful Request Latency (成功リクエスト レイテンシ) メトリクスの平均を折れ線グラフで表示します。

Top 10 IAM Users (上位 10 人の IAM ユーザ)。過去 24 時間における上位 10 人の IAM ユーザの数と名前を横棒グラフで表示します。

Number of Successful Requests by Table and Operation Name (テーブルとオペレーション名ごとの成功リクエスト数)。過去 24 時間におけるテーブルごととオペレーションごとのメトリクス成功リクエスト数を折れ線グラフで表示します。

Amazon DynamoDB - Capacity Planning (容量計画)

プロビジョニング済み読み書き消費量、読み書き調整済みイベント、調整済みリクエストなど、DynamoDB 容量に関する詳細を表示します。

CapacityPlanning .png

Percent of Provisioned Read Consumed (プロビジョニング済み読み出し消費量の割合)。過去 24 時間にテーブルごととグローバル セカンダリ インデックス名ごとに消費された平均プロビジョニング済み読み出し容量のパーセンテージを折れ線グラフで表示します。

Percent of Provisioned Write Consumed (プロビジョニング済み書き込み消費量の割合)。過去 24 時間にテーブルごととグローバル セカンダリ インデックス名ごとに消費された平均プロビジョニング済み書き込み容量のパーセンテージを折れ線グラフで表示します。

WriteThrottleEvents Count by Table and GlobalSecondaryIndex (テーブルごととグローバル セカンダリ インデックスごとの書き込み調整イベント数)。過去 24 時間における Write Throttle Event by Table and Global Secondary Index (テーブルごととグローバル セカンダリ インデックスごとの書き込み調整イベント) メトリクスの数を折れ線グラフで表示します。

ReadThrottleEvents Count by Table and GlobalSecondaryIndex (テーブルごととグローバル セカンダリ インデックスごとの読み出し調整イベント数)。過去 24 時間における Read Throttle Event by Table and Global Secondary Index (テーブルごととグローバル セカンダリ インデックスごとの読み出し調整イベント) メトリクスの数を折れ線グラフで表示します。

Throttled Requests by Table and Operation Name (テーブルとオペレーション名ごとの調整済みリクエスト)。過去 24 時間のテーブルごととオペレーションごとの Throttled Requests (調整済みリクエスト) メトリクスの合計を表示します。

Number of Successful Requests by Table and Operation Name (テーブルとオペレーション名ごとの成功リクエスト数)。過去 24 時間におけるテーブルごととオペレーションごとの Successful Request Latency (成功リクエスト レイテンシ) メトリクスの数を折れ線グラフで表示します。

Amazon DynamoDB - Events (イベント)

ロケーション、ユーザ、エラー、アップデート、そしてテーブルの作成と削除など、DynamoDB のイベントの詳細を表示します。

Events.png

Events (イベント)。過去 24 時間におけるイベント数を円グラフで表示します。

DynamoDB Events Over Time (過去の DynamoDB イベント)。過去 24 時間におけるイベント数を折れ線グラフで表示します。

Location of Events (イベントのロケーション)。過去 24 時間におけるイベントの数とロケーションを世界地図上に表示します。

Errors in Events (イベント エラー)。エラー コード、エラー メッセージ、イベント名、ユーザ、Source IP、カウントなど、過去 24 時間においてイベントで発生したエラーの詳細をテーブルで表示します。

UpdateTable Event (テーブル更新イベント)。テーブル名、ユーザ、リージョン、Source IP、カウントなど、過去 24 時間のテーブル更新イベントの詳細をテーブルで表示します。

CreateTable Event (テーブル作成イベント)。テーブル名、テーブル スキーマ、属性定義、プロビジョン済みスループット、ユーザ、リージョン、Source IP、カウントなど、過去 24 時間のテーブル作成イベントの詳細をテーブルで表示します。

DeleteTable Event (テーブル削除イベント)。テーブル名、ユーザ、リージョン、Source IP、MFA 認証、カウントなど、過去 24 時間のテーブル削除イベントの詳細をテーブルで表示します。

Top 10 IAM Users (上位 10 人の IAM ユーザ)。過去 24 時間における上位 10 人の IAM ユーザの数と名前を横棒グラフで表示します。

Update Time to Live Event (Time to Live 更新イベント)。リージョン、ユーザ、Source IP、リクエスト パラメータ、応答要素、カウントなど、過去 24 時間の Time to Live 更新イベントの詳細をテーブルで表示します。

Amazon DynamoDB - Latency and Errors (レイテンシとエラー)

ユーザ エラー、システム エラー、失敗したリクエスト、レイテンシなど、DynamoDB のエラーとレイテンシの詳細を表示します。

LatencyErrors .png

User Error Count (ユーザ エラー数)。過去 24 時間におけるユーザ エラー メトリクス数を折れ線グラフで表示します。

Latency By Table Name (テーブル名ごとのレイテンシ)。過去 24 時間のテーブルごとの Successful Request Latency (成功リクエスト レイテンシ) メトリクスの平均を折れ線グラフで表示します。

System Error Count by Table and Operation Name (テーブルとオペレーション名ごとのシステム エラー数)。過去 24 時間におけるテーブルごととオペレーションごとのシステム エラー メトリクス数を折れ線グラフで表示します。

Latency By Table and Operation Name (テーブルとオペレーション名ごとのレイテンシ)。過去 24 時間におけるテーブルごととオペレーションごとの Successful Request Latency (成功リクエスト レイテンシ) メトリクスの平均を折れ線グラフで表示します。

Conditional Check Failed Request Count by Table Name (テーブル名ごとの条件付きチェック失敗リクエスト数)。過去 24 時間における Conditional Check Failed Requests (テーブル名ごとの条件付きチェック失敗リクエスト) メトリクス数を折れ線グラフで表示します。

  • この記事は役に立ちましたか?