メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Google Cloud SQL のログの収集

Google Cloud SQL 用 Sumo Logic アプリケーションのログ収集を設定する手順。

このページでは、Google Cloud Platform (GCP) サービスからログを取り込むための Sumo パイプラインについて説明し、Google Cloud SQL からログを収集する手順を紹介します。

Google Logging からの Cloud SQL ログのエクスポートの作成

このステップでは、ログを前のステップで作成した Pub/Sub トピックにエクスポートします。

  1. [Logging (ログ)] に移動して [Exports (エクスポート)] をクリックします。

    gcp6.png
  2. [Create Export (エクスポートの作成)] をクリックします。

    gcp7.png
  3. GCP サービスを選択してログを絞り込みます。sink を作成するお勧めの GCP サービスは "Cloud SQL Database" であり、これによってサービスのログが Sumo Logic に送信されます。右側の [Edit Export (エクスポートの編集)] ウィンドウで次の操作を実行します。

    1. Sink 名を入力します。たとえば、"gce-vm-instance" です。
    2. [Sink Service (Sink サービス)] として [Cloud Pub/Sub] を選択します。
    3. [Sink Destination (Sink ターゲット)]「Google Cloud Platform Source」の手順で作成した Pub/Sub トピックに設定します。たとえば、"pub-sub-logs" です。
    4. [Create Sink (Sink の作成)] をクリックします。

      gcp8.png
  4. デフォルトでは、GCP ログは Stackdriver 内に保存されますが、このドキュメントで説明する手順に従って、GCP ログを除外するように Stackdriver を設定することもできます。この設定により、上記の Sumo Logic へのエクスポートに影響が及ぶことはありません。Stackdriver のログを除外する方法については、この GCP ドキュメントの手順に従ってください。

クエリのサンプル

一定期間にわたって作成されたリソース

_sourceCategory=*gcp* data "type":"cloudsql_database" methodName
| parse regex "\"logName\":\"(?<log_name>[^\"]+)\""
| where log_name matches "projects/*/logs/*"
| json "message.data.resource.labels", "message.data.protoPayload.methodName" as labels, method
| json field=labels "database_id", "project_id", "region" as instance, project, region
| json "message.data.protoPayload.authorizationInfo[*]" as permissions
| parse regex field=permissions "\"permission\":\"(?<resource_type>[^\"]+)\.(?<method>[^\"]+?)\"" multi
| where method = "create"
| timeslice 1h
| count as creations by _timeslice, resource_type
| transpose row _timeslice column resource_type

 

  • この記事は役に立ちましたか?