メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Google Cloud SQL アプリケーションのインストールとダッシュボードの表示

Google Cloud SQL 用 Sumo Logic アプリケーションをインストールする手順とアプリケーション ダッシュボードの説明。

Sumo Logic アプリケーションのインストール

これで Google Cloud SQL の収集のセットアップが完了したため、Google Cloud SQL 用 Sumo Logic アプリケーションをインストールして、事前設定済みの検索やダッシュボードを使用できます。これらは、全体的な使用状況をリアルタイムで分析するために環境を視覚化します。

アプリケーションをインストールするには、次の手順を実行します。

Locate and install the app you need from the App Catalog. If you want to see a preview of the dashboards included with the app before installing, click Preview Dashboards.

  1. From the App Catalog, search for and select the app. 
  2. To install the app, click Add to Library and complete the following fields.
    1. App Name. You can retain the existing name, or enter a name of your choice for the app.

    2. Data Source. Select either of these options for the data source.

      • Choose Source Category, and select a source category from the list.

      • Choose Enter a Custom Data Filter, and enter a custom source category beginning with an underscore. Example: (_sourceCategory=MyCategory).

    3. Advanced. Select the Location in Library (the default is the Personal folder in the library), or click New Folder to add a new folder.
    4. Click Add to Library.

Once an app is installed, it will appear in your Personal folder, or other folder that you specified. From here, you can share it with your organization. See Welcome to the New Library for information on working with the library in the new UI.

Panels will start to fill automatically. It's important to note that each panel slowly fills with data matching the time range query and received since the panel was created. Results won't immediately be available, but with a bit of time, you'll see full graphs and maps. 

ダッシュボード

Google Cloud SQL - Overview (Google Cloud SQL - 概要)

アクティビティ ロケーション、作成および削除されたリソース、リソース別の操作、認証失敗、重要度別の一定期間にわたるメッセージを含めて、Google Cloud SQL のデータベース アクティビティ (作成、削除、更新など) の概要を示します。

google-cloud-sql-overview.png

Location of Activity (アクティビティのロケーション)。過去 24 時間のデータベース アクティビティが開始されたロケーション、および各ロケーションのアクティビティ数を示すジオロケーション地図。

Created Resources (作成されたリソース)。過去 24 時間のリソース タイプ別の作成されたリソースの内訳を示すドーナツ グラフ。

Deleted Resources (削除されたリソース)。過去 24 時間のリソース タイプ別の削除されたリソースの内訳を示すドーナツ グラフ。

Messages by Region (地域別のメッセージ)。過去 24 時間の地域別のメッセージの数を示すテーブル。

Authorization Failures (認証失敗)。過去 24 時間の認証失敗の数。

Top 10 Users by Messages (メッセージの上位 10 人のユーザ)。過去 24 時間の関連付けられたメッセージが最も多い 10 人のユーザの関連付けられたユーザ別のメッセージの数を示す縦棒グラフ。

Operations by Resources (リソース別の操作)。リソース タイプ別の接続、作成、削除などのデータベース操作の数を示す積み上げ縦棒グラフ。

Messages Over Time by Severity (重要度別の一定期間にわたるメッセージ)。過去 24 時間の 1 時間のタイムスライスあたりのメッセージ重要度別のメッセージの数を示す折れ線グラフ。

Google Cloud SQL - Activity (Google Cloud SQL - アクティビティ)

Google Cloud SQL のアクション、メッセージ、操作、作成および削除されたリソースに関する情報を示します。

google-cloud-sql-activity.png

Actions (アクション)。過去 24 時間のアクション タイプ別の呼び出しの数および割合の内訳を示すドーナツ グラフ。

Actions Over Time (一定期間にわたるアクション)。過去 24 時間に呼び出されたメソッドの 1 時間のタイムスライスあたりの実行の数を示す折れ線グラフ。

Messages by Instance (インスタンス別のメッセージ)。過去 24 時間のデータベース インスタンス別の 1 時間のタイムスライスあたりのメッセージの数を示す折れ線グラフ。

Operations by Instance (インスタンス別の操作)。過去 24 時間のデータベース インスタンス別の操作 (接続、作成、削除など) の数を示す積み上げ棒グラフ。

Created Resources Over Time (一定期間にわたる作成済みリソース)。過去 24 時間の 1 時間のタイムスライスあたりの作成された Cloud SQL リソースの数を示す縦棒グラフ。

Deleted Resources Over Time (一定期間にわたる削除されたリソース)。過去 24 時間の 1 時間のタイムスライスあたりの作成された Cloud SQL リソースの数を示す縦棒グラフ。

Google Cloud SQL - Users (Google Cloud SQL - ユーザ)

ユーザ ロケーション、一定期間にわたるユーザ アクティビティおよびユーザ アクティビティの外れ値、メッセージの上位 10 人のユーザ、ユーザ別のリソース作成および削除を含めて、Google Cloud SQL ユーザに関する情報を示します。

google-cloud-sql-users.png

Location of Users (ユーザのロケーション)。過去 24 時間のユーザのロケーションおよび数を示すジオロケーション地図。

User Activities Over Time (一定期間にわたるユーザ アクティビティ)。過去 24 時間の 1 時間のタイムスライスあたりのユーザ別のアクティビティの数を示す積み上げ棒グラフ。

User Activity - Outliers (ユーザ アクティビティ - 外れ値)。過去 24 時間の ユーザあたりのアクティビティの数が実行中の平均から統計的に有意な量、つまり標準偏差 3 以上離れている場合を示す積み上げ棒グラフ。

Top 10 Users by Messages (メッセージの上位 10 人のユーザ)。過去 24 時間のメッセージに関して上位 10 人のユーザを示す縦棒グラフ。

Creations and Deletions by User (ユーザ別の作成および削除)。  過去 24 時間のユーザ別のリソースの作成および削除の数を示す積み上げ縦棒グラフ。

Top 10 Activities by Users (ユーザの上位 10 件のアクティビティ)。過去 24 時間のユーザが実行した上位 10 件のアクティビティを示す棒グラフ。

Recent User Activity (最近のユーザ アクティビティ)。重要度、ユーザ、インスタンス、メソッド、実行された操作の数を含めて、過去 3 時間のユーザ アクティビティを示すテーブル。

Google Cloud SQL - Failures (Google Cloud SQL - 失敗)

ロケーション別および一定期間にわたる認証失敗、問題のあるインスタンス、エラー ログを含めて、Google Cloud SQL の失敗に関する情報を示します。

google-cloud-sql-failures.png

Location of Authorization Failures (認証失敗のロケーション)。過去 24 時間の認証失敗のロケーションおよび数を示すジオロケーション地図。

Problematic Instances Over Time (一定期間にわたる問題のあるインスタンス)。問題のあるデータベース インスタンス (重要度が警告、エラー、重大、アラート、または緊急のメッセージが記録されたインスタンス) について、過去 24 時間の 1 時間のタイムスライスあたりの記録された問題のあるメッセージの数を示す折れ線グラフ。

Authorization Failures Over Time (一定期間にわたる認証失敗)。過去 24 時間の 1 時間のタイムスライスあたりの認証失敗の数を示す縦棒グラフ。

Authorization Failures by User - Outliers (ユーザ別の認証失敗 - 外れ値)。  過去 24 時間の認証失敗の数が統計的に有意な数あった、つまり実行中の平均からの標準偏差が 3 を超えていたユーザを示す縦棒グラフ。

Common Error Log Messages (一般的なエラー ログ メッセージ)。過去 24 時間に記録されたエラー メッセージの LogReduce 分析の結果を示すテーブル。Sumo の LogReduce アルゴリズムではファジー理論とあいまい一致を使用して、構造が似ていて共通のテキスト文字列が繰り返されるメッセージを署名にグループ化します。  Sumo がすぐにグループ化できないメッセージは「Others (その他)」と呼ばれる個別の署名に隔離されます。

Recent Authorization Failures (最近の認証失敗)。関連付けられたユーザ、アクション、インスタンスを含めて、過去 3 時間以内に起こった認証失敗に関する情報のテーブル。

Recent Error Logs (最近のエラー ログ)。過去 3 時間に記録された重要度が警告、エラー、重大、アラート、または緊急のメッセージに関する情報のテーブル。

Common Error Logs by Instance (インスタンス別の一般的なエラー ログ)。過去 24 時間に記録された、インスタンス別の重要度が警告、エラー、重大、アラート、または緊急のメッセージの LogReduce 分析の結果を示す棒グラフ。

  • この記事は役に立ちましたか?