メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Artifactory

Artifactory 用 Sumo Logic アプリケーションを使用すると、JFrog Artifactory バイナリ リポジトリの情報を得られます。このアプリケーションには、事前設定済みのダッシュボードが用意されており、システムの [Overview (概要)]、[Traffic (トラフィック)]、[Requests and Access (リクエストおよびアクセス)]、[Download Activity (ダウンロード アクティビティ)]、[Cache Deployment Activity (キャッシュ デプロイ アクティビティ)]、[Non-Cached Deployment Activity (キャッシュされていないデプロイ アクティビティ)] などのダッシュボードが利用可能です。

Artifactory 用 Sumo Logic アプリケーションは、オンプレミス版 Artifactory のみをサポートします。クラウド版 Artifactory では機能しません。JFrog Artifactory Sumo Logic 統合は、オンプレミス版 Artifactory とクラウド版 Artifactory の両方をサポートしています。

ログ タイプ

Artifactory 用 Sumo Logic アプリケーションは、次のログのデータを収集します。

  • artifactory.log: Artifactory サーバ アクティビティに関するデータが含まれるメインの Artifactory ログ ファイル。
  • access.log: 承認されたリクエストと拒否されたリクエスト、構成の変更、パスワードのリセット リクエストに関する重要情報が含まれるセキュリティ ログ。各イベントの送信元 IP アドレスも記録されます。
  • request.log: Apache HTTPd リクエスト ログに似た汎用 HTTP トラフィック情報。
  • traffic.*.log: サイト トラフィックやファイル サイズに関する情報が含まれるログ。

Artifactory ログの詳細については、https://www.jfrog.com/confluence/display/RTF/Artifactory+Log+Files を参照してください。

traffic.log ファイルのアクティブ化

traffic.log ファイルをアクティブにするには、$ARTIFACTORY/etc 下にある artifactory.system.properties ファイルに次のパラメータを追加します。

artifactory.traffic.collectionActive=true

トラフィック コレクションを有効にするには、再起動が必要です。 

 

  • この記事は役に立ちましたか?