メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Atlassian アプリケーションのログの収集

このページでは、Atlassian 用 Sumo Logic アプリケーションのログ収集を設定する手順を説明します。

このページでは、Atlassian アプリケーションのログを収集する手順を説明します。 

収集設定プロセス

Atlassian アプリケーションの収集を設定するには、次の作業を行います。

  1. 次のいずれかを実行します。
  1. Bitbucket アプリケーションのログ収集をセットアップします
  2. Opsgenie アプリケーションのログ収集をセットアップします

ログ タイプ 

Atlassian アプリケーションは次のログ タイプを使用します。

クエリのサンプル 

[Failed Builds (失敗ビルド)] クエリは、[Atlassian - Overview (Atlassian - 概要)] ダッシュボードで使用できます。

 _sourceCategory="bitbucket" %"x-event-key"=repo:commit_status_* display_name full_name !INPROGRESS !STOPPED
| json "commit_status.state", "commit_status.commit.message", "commit_status.name", "commit_status.type", "actor.display_name", "repository.full_name",  "commit_status.refname",  "commit_status.commit.links.html.href", "commit_status.url", "commit_status.created_on" as build_state, build_commit_message, commit_name, type, commit_user, repo, commit_branch, commit_link, build_status_link, date_time
| where build_state in ("FAILED")
| parse regex field=date_time "(?<date_time>\d\d\d\d-\d\d-\d\dT\d\d:\d\d:\d\d)"
| parse regex field=build_commit_message "(?<commit_msg_short>.+)"
| tourl(commit_link, commit_msg_short) as commit 
| tourl (build_status_link, commit_name) as build
| replace (date_time, "T", " ") as date_time
| count by date_time, build
| fields -_count
  • この記事は役に立ちましたか?