メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Jenkins のログとメトリクスの収集

Jenkins 用 Sumo アプリケーションのログとメトリクスの収集方法。

このページでは、Jenkins 用 Sumo Logic アプリケーションのログとメトリクス収集のセットアップ手順を説明します。

  1. ホスト型コレクタを設定するか、使用する既存のホスト型コレクタを選択します。
  2. 作成または選択したホスト型コレクタに HTTP ソースを追加します。HTTP ソース URL を書き留めます。次のようなものです。
    https://sumologic_url/receiver/v1/http/SECRET_STRING
  3. Jenkins コンソールで [Manage Jenkins (Jenkins の管理)] > [Manage Plugins (プラグインの管理)] に移動します。
    jenkins-plugin-manager.png
  4. [Available (利用可能)] タブをクリックします。
  5. 「Sumologic Publisher (Sumologic パブリッシャ)」を見つけます。
  6. [Sumologic Publisher (Sumologic パブリッシャ)] をクリックします。
  7. [Download now and install after restart (ダウンロードして再起動後にインストール)] をクリックします。通常、プラグインを表示するには、Jenkins を再起動する必要があります。
    jenkins-plugin-manager2.png
  8. [Manage Jenkins (Jenkins の管理)] > [Configure System (システムの設定)] に移動します。
  9. 「Sumologic Jenkins plugin (Sumologic Jenkins プラグイン)」フィールドを見つけます。
  10. ステップ 2 での HTTP ソースの URL を入力します。
  11. [Apply (適用)] をクリックします。
  12. [Save (保存)] をクリックします。
  13. モニタリングするフリースタイル プロジェクトごとに、ポスト ビルド アクションを追加します。([Configure (設定)] > [Post Build Actions (ポスト ビルド アクション)] > [Sumologic Build Logger (Sumologic ビルド ロガー)])。これにより、ビルド完成後にログを Sumo Logic のホスト型コレクタに送信できます。

クエリのサンプル 

ビルド失敗 - 外れ値 (ログ クエリ)

_sourceCategory=jenkins
| json field=_raw "name" as name
| json field=_raw "result" as result 
| where result="FAILURE"
| json field=_raw "number" as number
| json field=_raw "duration" as duration_ms
| number(duration_ms)
| json field=_raw "start_time" as start_time
| formatDate(fromMillis(start_time), "MM-dd-yyyy HH:mm:ss") as date_time
| timeslice 1h
| count by _timeslice
| outlier _count direction=+
| where _count_violation =1

 

MaxWaitingTime (メトリクス クエリ)

_sourceCategory=jenkins  MaxWaitingTime 
| json field=_raw "queue.NumItemsInQueue" as NumItemsInQueue
| json field=_raw "queue.NumBlockedItemsInQueue" as NumBlockedItemsInQueue
| json field=_raw "queue.MaxWaitingTime" as MaxWaitingTime
| json field=_raw "queue.AverageWaitingTime" as AverageWaitingTime
| json field=_raw "slaves.numberOfSlaves" as numberOfSlaves
| json field=_raw "slaves.numberOfExecutors" as numberOfExecutors
| json field=_raw "slaves.numberOfFreeExecutors" as numberOfFreeExecutors
| withtime MaxWaitingTime
| most_recent(MaxWaitingTime_withtime) as current_max_waiting_time

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?