メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

JIRA アプリケーションのインストールとダッシュボードの表示

Jira 用 Sumo Logic アプリケーションのインストール手順と、アプリケーション ダッシュボードの説明。

Sumo Logic アプリケーションのインストール

Jira 用コレクションをセットアップしたら、Jira アプリケーションをインストールして、データに関するインサイトを提供する事前設定済みのダッシュボードを使用できるようにします。

アプリケーションをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. [App Catalog (App カタログ)] でアプリケーションを探して選択します。 
  2. アプリケーションをインストールするには、[Add to Library (ライブラリに追加)] をクリックします。

    jira_install_dialog.png
  3. App Name (アプリケーション名)。アプリケーションに既存の名前をそのまま使用することも、任意の名前を入力することもできます。

  4. [Jira Server Log data source (Jira Server ログ データ ソース)]。[Source Category]Atlassian/Jira/Server* に設定します。
  5. [Jira Webhook source (Jira Webhook Source)]。[Source Category]Atlassian/Jira/Events に設定します。
  6. Advanced (詳細)ライブラリ内の場所 (デフォルトはライブラリ内の [Personal (個人用)] フォルダ) を選択するか、[New Folder (新規フォルダ)] を選択して新しいフォルダを追加します。
  7. [Add to Library (ライブラリに追加)] をクリックします。

テンプレート変数でのフィルタリング 

テンプレート変数は、データの通用範囲を途中で変更するための動的ダッシュボードを提供します。変数を適用してダッシュボードでトラブルシューティングを行うと、データへの動的な変更を表示することで、根本原因をすばやく特定できます。詳細については、「Filter with template variables (テンプレート変数でのフィルタリング)」ヘルプ ページを参照してください。

[Jira - Overview (Jira - 概要)] ダッシュボード

[Jira - Overview (Jira - 概要)] ダッシュボードは、イベント認証の場所、ログイン比較、Jira リクエスト、エラーとその傾向、データ使用率など、Jira アクティビティの概要を表示します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • Jira アクティビティを監視する。
  • 今日のアクティビティと昨日のアクティビティを比較する。

jira-overview.png

[Jira - Access (Jira - アクセス)] ダッシュボード

[Jira - Access (Jira - アクセス)] ダッシュボードは、リクエストの傾向、平均応答時間、プロジェクトごとの問題、応答コード、エラーなど、Jira ユーザ アクセスに関する情報を提供します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • Jira が受信したリクエストを追跡する。
  • リクエスト ボリュームのスパイクを識別する。
  • 現在や最近のデータ使用量 (転送済みバイト数)、HTTP 応答コードを監視する。
  • 特定のプロトコルまたは応答コード別にドリルダウンする。

jira-access.png

[Jira - Catalina (Jira - Catalina)] ダッシュボード

[Jira - Catalina (Jira - Catalina)] ダッシュボードは、Jira 内部 Web サーバに関する情報を提供します。パネルには、エラー、失敗、例外、リクエストの傾向、および上位にランク付けされている URL についてのアナリティクスが表示されます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • 予期しないエラーを Jira で発見してデバッグする。
  • 一定期間に受信したリクエスト数を監視する。

jira-catalina.png

[Jira - Issue Overview (Jira - 問題の概要)] ダッシュボード

[Jira - Issue Overview (Jira - 問題の概要)] ダッシュボードは、Jira 問題アクティビティの概要を表示します。このため、ユーザは、作成から完了までの作業を監視できます。パネルには、作成された問題、クローズされた問題、再オープンされた問題、および依然として進行中の問題についてのアナリティクスが表示されます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • ソフトウェア配信サイクルに関する統計の概要を理解する。
  • 進行中の作業を識別して監視する。
  • ソフトウェア サービスに影響を与えている、またはまもなく影響を与える作業を判別する。

jira-overview.png

[Jira - Issues Details (Jira - 問題の詳細)] ダッシュボード

[Jira - Issues Details (Jira - 問題の詳細)] ダッシュボードは、Jira 問題に関するインサイトを提供し、オープンしている問題、クローズされた問題、および再オープンされた問題に関するアナリティクスを表示します。また、パネルには、問題の割り当てとエスカレーションに関する詳細や、問題がクローズされるまでの平均時間が表示されるため、問題管理の優先度を設定して、戦略を立てることができます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • ソフトウェア配信プロセスのパフォーマンスを向上させる。
  • 細心の注意が必要な問題、コンポーネント、チーム、およびイニシアチブを確認する。
  • 別のチームやユーザが問題をクローズするのに要した時間を確認し、それにより、プロジェクト配信を時間および予算どおりに進める。

jira-issue-details.png

[Jira - Recent Issue Changes (Jira - 最近の問題の変更)] ダッシュボード

[Jira - Recent Issue Changes (Jira - 最近の問題の変更)] ダッシュボードは、Jira 問題の最近の進行状況を追跡します。問題が作成された時間や、問題のステータス、担当者、問題の概要など、問題のタイプに関する詳しい情報を確認できます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • 最近変更された問題を追跡する。
  • 問題の進行状況を監視する。

jira-recent-issue-changes.png

[Jira - Security (Jira - セキュリティ)] ダッシュボード

[Jira - Security (Jira - セキュリティ)] ダッシュボードは、Jira のセキュリティに関する情報を提供します。パネルには、ログインが成功および失敗した場所、アクティブ ユーザのログインの成否、成功および失敗したログインの比較、セッションの傾向などについてのアナリティクスが表示されます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • Jira ユーザ認証の場所を確認する。
  • 予期しない場所からのログインを特定し、ドリルダウンを行い、そのログインの詳細を確認する。
  • 今日と前日のログイン パターンを比較して、失敗または成功したログインでの通常とは異なるパターンを検出する。

jira-security.png

[Jira - Sprints Events (Jira - スプリント イベント)] ダッシュボード

[Jira - Sprints Events (Jira - スプリント イベント)] ダッシュボードは、スプリント イベントの数、イベントの傾向、クローズされたスプリント、作成されたスプリントなど、Jira のスプリント イベントに関するインサイトを提供します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • 開発サイクルのスプリントを監視する。 
  • アクティブなスプリントとその開始日、終了日を追跡する。

jira-sprints-events.png

Jira - User Events (Jira - ユーザ イベント)

[Jira - User Events (Jira - ユーザ イベント)] ダッシュボードは、ユーザ イベントの数、傾向、更新されたユーザ、作成されたユーザ、削除されたユーザなど、Jira のユーザ イベントに関する情報を提供します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • Jira ユーザとそのアクティビティを監視する。
  • 通常とは異なるユーザ アクティビティを識別し、そのユーザを詳細に監視する。

jira-user-events.png

  • この記事は役に立ちましたか?