メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Puppet

Puppet
Puppet 用 Sumo Logic アプリケーションは、Puppet メトリクスとイベントのモニタリングに役立ちます。

Puppet は、ソフトウェア設定管理ツールです。Puppet を使用すると、新規サーバと既存のサーバ間のインフラストラクチャ プロビジョニングや対象の設定の有効化が可能になります。Puppet 用 Sumo Logic アプリケーションは、Puppet メトリクスとイベントのモニタリングに役立ちます。これにより、簡単に次のことができます。

  • Puppet 実行が発生したときを判別します。
  • サービスと各実行の適用時間をトラッキングします。
  • リソースの変更、スキップ、更新失敗の頻度や、同期されていない頻度を確認します。
  • インフラストラクチャの他のコンポーネントからのメトリクスで Puppet 実行を関連付けて、問題の根本的な原因を検出します。

ログ タイプ

Sumo の Puppet ログ ソースと Puppet レポート ソースは、インストール済みコレクタを使用して、Puppet から次のデータを収集します。

  • Puppet サーバ ログ。ログのロケーションの詳細については、Puppet サーバ ログを参照してください。
  • Puppet サーバ アクセス ログ。ログのロケーションの詳細については、Puppet サーバ ログを参照してください。 
  • Puppet レポート。Puppet は YAML フォーマットでレポートを生成します。SumoLogic は、レポート フォーマット 10 をサポートしています。これは、Puppet バージョン 5.5.3 以降のレポート出力フォーマットです。レポート フォーマット 9 (Puppet バージョン 5.5.0 ~ 5.5.2) との下位互換性があります。Puppet レポートの詳細については、Puppet レポートを参照してください。
     

 

  • この記事は役に立ちましたか?