メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Docker

Docker 用 Sumo Logic アプリケーションでは、Docker コンテナの運用状況を把握できます。このアプリケーションのダッシュボードを使用すると、CPU、メモリ、およびネットワークに関するコンテナのパフォーマンスの統計を表示できます。また、コンテナのイベント、たとえば、開始や停止などの重要なコマンドも表示できます。

Docker コンテナからのデータの収集

Sumo を Docker と連携して使用するにはいくつかの方法があります。

  • ログと統計情報に対応する Sumo コレクタの Docker ソースを使用します。このオプションでは、コンテナ コレクタをデプロイしたり、インストール済みコレクタを使用したりできます。
    • コンテナ化されたコレクタ - 各 Docker ホストで、Sumo コレクタ、Sumo Docker ログ ソース、および Sumo Docker 統計情報ソースを含む Docker コンテナを実行します。この方法では、Docker コンテナ ログ、イベント、および統計情報を収集でき、Docker 用 Sumo アプリケーションがサポートされます。この方法は、コンテナでコレクタをデプロイする場合に適しています。詳細については、https://github.com/SumoLogic/sumologic-collector-docker を参照してください。
    • インストール済みコレクタと Docker ログ ソースおよび統計情報ソース - インストール済みコレクタ、Sumo の Docker ログ ソース、および Docker 統計情報ソースを使用して Docker からデータを収集します。この方法では、Docker コンテナ ログ、イベント、および統計情報を収集でき、Docker 用 Sumo アプリケーションがサポートされます。  詳細については、「Docker からのログと統計情報の収集」を参照してください。
  • Sumo Docker ログ ドライバ プラグインの使用 - Sumo に Docker コンテナ ログを送信するには、Sumo ログ ドライバ プラグインを使用します。ログ データが Sumo に取り込まれたら、Sumo Web アプリケーションを使用してログ データを検索および分析できます。このオプションは、コレクタを Docker ホストで実行したくない場合に適しています。プラグインは Sumo によってサポートされています。詳細については、https://github.com/SumoLogic/sumologic-docker-logging-driver を参照してください。

 

  • この記事は役に立ちましたか?