メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

VMware ULM

VMware ULM
VMware ULM 用 Sumo Logic アプリケーションは、vCenter サーバ、vSphere、ESX/ESXi、および個々の仮想マシンを含む VMware クラウド コンピューティング仮想化プラットフォームから、統合されたログとメトリクス (ULM) を収集して、事前定義されたダッシュボードにリアルタイムに表示します。ダッシュボードでは、VMware クラウド コンピューティング仮想化プラットフォーム全体をモニタリングして、VM CPU、メモリ、ディスク使用量、プロビジョニング不足の物理ホスト、およびアイドル状態の VM などの主要なイベントとメトリクスに関するインサイトを得ることができます。

VMware ULM アプリケーションは、VMware のクラウド コンピューティング仮想化プラットフォームからの統合されたログとメトリクス (ULM) を使用して、事前定義されたダッシュボードに表示されるリアルタイムの日付による vCenter、ESXi ホスト、個別の仮想マシン メトリクスのモニタリングを可能にします。

ダッシュボードでは、VM CPU、メモリ、ディスクの使用状況、プロビジョニング不足の物理的ホスト、アイドル状態の VM などの主要なイベントやメトリクスについて知ることができます。これにより、容量を圧迫している原因を判別し、プロビジョニング過多、設定の変更、VM の動作に関連する運用上の問題のトラブルシューティングを行えます。

VMware ハイブリッド クラウドの詳細については、vSphere 製品ページを参照してください。

ログとメトリクスのタイプ 

Sumo Logic の vCenter ログ Source と vCenter メトリクス Source では、Installed Collector を使用して、VMware から次のデータを収集します。

ダッシュボードでは視覚データを表示してリアル タイムのモニタリングを可能にするため、ユーザはイベントとパフォーマンスのメトリクスを分析して、検出とトラブルシューティングを効率的に行うことができます。次の画像は収集のプロセスを示しています。

VMwareULM_overview.png

サポート対象のソフトウェア バージョン 

VMware ULM アプリケーションは、vCenter および vSphere 6.5 および 6.7 と連携して機能します。

VMware 用 Sumo Logic スクリプト

アプリケーションの操作に必要な Sumo Logic スクリプトは次から入手できます。