メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

VMware ULM アプリケーションのインストールとダッシュボードの表示

このページでは、VMware ULM 用 Sumo Logic アプリケーションのインストール方法と各アプリケーション ダッシュボードについて説明します。

このページでは、VMware ULM 用 Sumo Logic アプリケーションのインストール手順と各アプリケーション ダッシュボードについて説明します。リンクをクリックして、各セクションに移動してください。

アプリケーションのインストール

これで VMWare ULM の収集のセットアップが完了したため、VMWare ULM 用 Sumo Logic アプリケーションをインストールして、事前設定済みの検索やダッシュボードを使用でき、データに関するインサイトが得られます。

アプリケーションをインストールするには、次の手順を実行します。

Locate and install the app you need from the App Catalog. If you want to see a preview of the dashboards included with the app before installing, click Preview Dashboards.

  1. From the App Catalog, search for and select the app. 
  2. To install the app, click Add to Library and complete the following fields.
    1. App Name. You can retain the existing name, or enter a name of your choice for the app.

    2. Data Source. Select either of these options for the data source.

      • Choose Source Category, and select a source category from the list.

      • Choose Enter a Custom Data Filter, and enter a custom source category beginning with an underscore. Example: (_sourceCategory=MyCategory).

    3. Advanced. Select the Location in Library (the default is the Personal folder in the library), or click New Folder to add a new folder.
    4. Click Add to Library.

Once an app is installed, it will appear in your Personal folder, or other folder that you specified. From here, you can share it with your organization. See Welcome to the New Library for information on working with the library in the new UI.

Panels will start to fill automatically. It's important to note that each panel slowly fills with data matching the time range query and received since the panel was created. Results won't immediately be available, but with a bit of time, you'll see full graphs and maps. 

ダッシュボード フィルタ 

各ダッシュボードにはフィルタがいくつか定義されており、次の例のようにダッシュボード全体に適用できます。一番上にあるダッシュボードのメニュー バーで漏斗のアイコンをクリックして、ダッシュボード全体で検索結果を絞り込むためのフィルタのリスト (スクロールします) を表示します。

VMwareULM_DashboardFilter.png

各パネルにはフィルタがいくつか定義されており、次の例のようにパネルの結果にのみ適用できます。一番上にあるパネルのメニュー バーで漏斗のアイコンをクリックして、パネル特有のフィルタのリストを表示します。

VMwareULM_PanelFilter.png

[vCenter Operations - Overview (vCenter 操作 - 概要)] ダッシュボード

[vCenter Operations - Overview (vCenter 操作 - 概要)] ダッシュボードでは、固有のクラスタ、ESXi ホスト、固有の VM、ESXi ホスト別の VM の障害に加え、vCenter タスクの傾向、クラスタ全体での vSphere エラー、一定期間にわたる VM 操作を一目で把握できます。また vCenter アラーム、ユーザ アクティビティ、およびユーザごとの VM 操作に関するデータも表示されます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • VMware インフラストラクチャ全体の概要が一目で分かります。
  • VM の障害、タスク、およびエラーをモニタリングできます。
  • ユーザのアクティビティおよび操作をトラッキングできます。

VMware_vCenterOperations_Overview.png

[vCenter Errors - Analysis (vCenter エラー - 分析)] ダッシュボード

[vCenter Errors - Analysis (vCenter エラー - 分析)] ダッシュボードには、クラスタおよびホスト全体のエラーに関する詳細情報が表示されます。エラーの傾向、上位のエラー イベント、最近のエラー イベントを簡単に確認できます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • 7 日間のエラーの傾向を確認できます。
  • 最も頻繁かつ繰り返されるエラーの条件を即座に評価できます。
  • エラー メッセージ、ホスト、クラスタ、および他の詳細情報を確認して、デバッグに役立てることができます。

VMware_vCenterErrors_Analysis.png

[Virtual Machine Errors - Analysis (仮想マシン エラー - 分析)] ダッシュボード

[Virtual Machine Errors - Analysis (仮想マシン エラー - 分析)] ダッシュボードでは、MAC アドレスと UUID の競合、ホスト別のアップグレードと VM の障害、フォールト トレランス エラー、VM 電源障害、一般的な VM エラーなど、VM エラーの分析を一目でわかるように表示します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • パフォーマンスなどに問題がある VM をモニタリングできます。
  • 電源オン/オフ問題のある VM を判別できます。
  • フォールト トレランス問題のある VM を評価できます。
  • MAC アドレスと UUID の競合のほか、プライマリ VM の問題も判別できます。
  • VM の全体的な健全性もモニタリングできます。

VMware_VMErrors_Analysis.png

[Metric Overview (メトリクスの概要)] ダッシュボード

[Metric Overview (メトリクスの概要)] ダッシュボードでは、CPU の使用量とアイドル時間、メモリの使用量と容量、ディスク使用量とデータストア読み取り速度、およびネットワーク使用状況とシステム アップタイムに関する ESXi ホストごとのメトリクスが一目で分かります。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • VMware インフラストラクチャのコンポーネントの状態の概要を確認できます。
  • ダッシュボード パネルでインフラストラクチャ問題を一目で評価できます。

VMware_MetricOverview.png

[Datastore (データストア)] ダッシュボード

[Datastore (データストア)] ダッシュボードには、ESXi ホストおよび VM 別のデータストア読み取り速度と、ESXi ホストと VM 別のデータストア書き込み速度に関するパフォーマンス メトリクスが表示されます。データストアは管理可能なストレージ エンティティです。通常は、ログ ファイル、スクリプト、設定ファイル、仮想ディスクなどを含む仮想マシン ファイルのリポジトリとして使用されます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • 仮想マシンおよび ESXi ホスト別にデータストアの読み取り/書き込みを確認できます。
  • VM または ESXi ホスト別に過度の書き込みまたは読み取りを特定できます。

VMware_Datastore.png

[Network Metrics (ネットワーク メトリクス)] ダッシュボード

[Network Metrics (ネットワーク メトリクス)] ダッシュボードでは、ESXi ホストおよび仮想マシンでのデータの出入りをトラッキングできます。このダッシュボードでは、ESXi ホストおよび VM 別のネットワーク使用状況、ESXi ホストおよび VM 別のネットワーク入力パケット速度、ESXi ホストおよび VM 別のネットワーク出力パケット速度、およびホスト別にみる 1 日のネットワーク使用状況の比較の分析を一目でわかるように表示します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • 過度の入力/出力パケット トラフィックを特定できます。
  • VM またはホストで非アクティブになっているネットワークを特定できます。
  • ネットワーク使用状況をトラッキングできます。

VMware_NetworkMetrics.png

[Disk Metrics (ディスク メトリクス)] ダッシュボード

[Disk Metrics (ディスク メトリクス)] ダッシュボードでは、ESXi ホストおよび仮想マシン別のディスク使用量、ディスク書き込み/読み取りをトラッキングできます。ESXi ホストおよび VM 別のディスク使用量、ESXi ホストおよび VM 別のディスク読み取り速度、ESXi ホストおよび VM 別のディスク書き込み速度、ホスト別の総ディスク読み取り遅延、およびホスト別の総ディスク書き込み遅延に関するメトリクスを簡単に確認できます。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • VM または ESXi ホスト別に過度の書き込みまたは読み取りを特定できます。
  • ディスク読み取り/書き込み遅延をトラッキングできます。

VMware_DiskMetrics.png

[Memory Metrics (メモリ メトリクス)] ダッシュボード

[Memory Metrics (メモリ メトリクス) ダッシュボード] では、ESXi ホストおよび VM 別のメモリ使用量、ESXi ホストおよび VM によって付与されたメモリ、および ESXi ホスト別のメモリ容量の分析を一目でわかるように表示します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • 仮想マシンおよび ESXi ホスト別のメモリ使用量を確認できます。
  • VM または ESXi ホスト別に過度のメモリ使用量を特定できます。
  • 付与されたメモリおよびメモリ容量をトラッキングして、メモリのニーズとプロビジョニング過多を判別できます。

VMware_MemoryMetrics.png

[CPU Metrics (CPU メトリクス)] ダッシュボード

[CPU Metrics (CPU メトリクス)] ダッシュボードでは、仮想マシンおよび ESXi ホストが使用する CPU をトラッキングし、CPU 使用量、アイドル時間、および VM CPU 待機時間の分析を一目でわかるように表示します。

このダッシュボードでは以下の操作を行うことができます。

  • CPU アクティビティのスパイクをモニタリングできます。負荷がないのに VM に対する CPU アクティビティのスパイクが頻繁に発生する場合は、VM 設定に問題があることを示している可能性があります。
  • CPU アイドル時間をトラッキングできます。
  • VM 待機時間をモニタリングできます。待機時間とは、VM は何らかのアクションを実行する準備ができているが、CPU が利用できないためにアクションを実行できなかった時間のことです。これは、インフラストラクチャの CPU ニーズを判断するのに役立ちます。

VMware_CPUMetrics.png

  • この記事は役に立ちましたか?