メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Oracle のログの収集

Oracle アプリケーションはいくつかの種類の Oracle ログ タイプからデータを収集し、Sumo が提供する Python スクリプトを使用してパフォーマンス メトリクスを収集します。このページでは、ログの収集をセットアップする方法について説明します。 

ステップ 1.Oracle のログの有効化

次のログについてログが有効になっていない場合は、有効にします。

ステップ 2.Oracle ログに対するローカル ファイル ソースの設定

この手順では、インストール済みコレクタの 3 つのローカル ファイル ソースを、Oralce のアラート ログ、リスナー ログ、監査ログそれぞれに 1 つずつ設定します。

「ローカル ファイル ソース」の手順に従います。

ソースを設定するときは、クエリ プロセスが簡単になるようにソース カテゴリの計画を立てます。  階層的な手法を使用すると、ワイルドカードを使用できます。例:

ソース

ソース カテゴリの例:

アラート ログ

DB/Oracle/アラート

リスナー ログ

DB/Oracle/リスナー

監査ログ

DB/Oracle/監査

ステップ 3.Oracle パフォーマンス メトリクス スクリプトのセットアップ

Oracle パフォーマンス メトリクス スクリプトをセットアップする手順は、オペレーティング システムに応じて変わります。

ログ メッセージのサンプル  

アラート ログのサンプル

Wed Mar 21 10:56:08 2018
ORA-1688: unable to extend table ERP.EMP_DETAILS partition ERP_EMP_201803 by 1024 in tablespace ERP_03_DATA
Wed Mar 21 10:59:38 2018

ORA-00060: Deadlock detected. See Note 60.1 at My Oracle Support for Troubleshooting ORA-60 Errors. 
More info in file /q01/oracle/admin/diag/rdbms/sysp/sysp/trace/sysp_ora_12345678.trc.
21-Mar-2018 10:56:
08 * (CONNECT_DATA=(CID=(PROGRAM=null)(HOST=__jdbc__)(USER=null))(SERVICE_NAME=sumo.myservice1.org)) 
* (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=182.80.119.50)(PORT=56454)) * establish * sumo.myservice1.org * 12514
TNS-12514: TNS:listener does not currently know of service requested in connect descriptor

Wed Mar 21 11:05:38 2018
21-Mar-2018 11:05:38 * (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sumo.crmdb01.com)(CID=(PROGRAM=siebsvc.exe)(HOST=proddb02)
(USER=root))) * (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=10.11.12.14)(PORT=56486)) * establish * sumo.crmdb01.com * 0

監査ログのサンプル

<AuditRecord><Audit_Type>1</Audit_Type><Session_Id>18207304</Session_Id><StatementId>1</StatementId><EntryId>1
</EntryId><Extended_Timestamp>2018-03-21T10:59:08.000220Z</Extended_Timestamp><DB_User>proddb01</DB_User>
<OS_User>sumouser</OS_User><Userhost>prodApp01</Userhost><OS_Process>19938</OS_Process><Terminal>unknown</Terminal>
<Instance_Number>0</Instance_Number><Action>100</Action><TransactionId>0000000000000000</TransactionId><Returncode>
0</Returncode><Comment_Text>Authenticated by: DATABASE; Client address: (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=10.11.12.16)(PORT=59029))
</Comment_Text><Priv_Used>5</Priv_Used><DBID>1234541574</DBID></AuditRecord>


Mar 21 11:04:08 stgdb01 Oracle Audit[66686]: LENGTH : '154' ACTION :[7] 'CONNECT' DATABASE USER:[1] '/' 
PRIVILEGE :[6] 'SYSDBA' CLIENT USER:[6] 'duc' CLIENT TERMINAL:[0] '' STATUS:[1] '0' DBID:[10] '1234091467'

Mar 21 11:05:38 proddb01 Oracle Audit[53042]: LENGTH : '155' ACTION :[7] 'CONNECT' DATABASE USER:[1] '/' 
PRIVILEGE :[4] 'NONE' CLIENT USER:[6] 'hpal' CLIENT TERMINAL:[0] '' STATUS:[4] '1017' DBID:[10] '1234091467'

Sumo Python DB スクリプト ログのサンプル 

2018-03-21 11:05:00.275494 queryoutput={"Tablespace Name": "EXAMPLE", "USED_SPACE": 78.4375, 
"MONITOR_TYPE": "tablespace status", "TOTAL_SPACE": 100, "FREE_SPACE": 21.5625}


2018-03-21 11:05:00.275494 queryoutput={"FREE_SPACE_MB": 0.9375, 
"FILE_NAME": "/u01/oradata/NITINSID/users01.dbf", "ALLOCATED_MB": 5, "USED_MB": 4.0625, "MONITOR_TYPE": "datafile status"}

2018-03-21 11:05:00.275494 queryoutput={"Cache Hit Ratio": 99.89, "MONITOR_TYPE": "buffer cache hit ratio"}
  • この記事は役に立ちましたか?