メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

ホスト メトリクス アプリケーションのホスト メトリクスの収集

この手順では、ホスト マシンからメトリクスを収集してメトリクス視覚化のために Sumo Logic に取り込む方法について説明します。

メトリクス タイプ

利用可能なメトリクスには次のようなものがあります。

  • CPU
  • メモリ
  • TCP
  • Network (ネットワーク)
  • ディスク

ホスト メトリクスはオープン ソースの SIGAR ライブラリを使用して収集されます。

前提条件/要件

ホスト メトリクスのデータのストリーミングを開始する方法としては、セットアップ ウィザードをお勧めします。このウィザードでは、ホスト メトリクス用の Sumo Logic アプリケーションもインストールされます。

以下のセクションでは、手動でのセットアップについて説明します。

コレクタの設定

インストール済みコレクタを設定します。コレクタは Linux、Windows、または Mac OS ホストにインストールできます。

ソースの設定

  1. ホスト メトリクス ソースを設定します。[Add Source (ソースを追加)] を選択して、ソース タイプとして [Host Metrics (ホスト メトリクス)] を選択します。
  2. ソース フィールドを次のように設定します。
    1. Name (名前)。必須。必要に応じて説明を入力します。ソース名は _sourceName という検索可能なフィールドに格納されます。
    2. Source Host (ソース ホスト): メトリクスの収集元のマシンのホスト名を入力します。
    3. Source Category (ソース カテゴリ)。必須。[Source Category (ソース カテゴリ)] メタデータ フィールドは、ソースを整理してラベル付けするための基本的な構成要素です。詳細については、「ベスト プラクティス」を参照してください。
    4. Scan Interval (スキャン間隔): ソースがホスト メトリクス データをスキャンする頻度を選択します。間隔を短くすると、メッセージの量が増えて、ご使用の環境で追加の料金が発生する場合があります。デフォルトは 1 分です。
    5. Metrics (メトリクス): 収集されるメトリクスのチェック ボックスをオンにします。デフォルトでは、すべての CPU およびメモリ メトリクスが収集されます。最上位のチェック ボックスをオンにすると、カテゴリ内のすべてのメトリクスがオンになります。青色のチェックマーク アイコン icon_blue_checkmark.png はカテゴリが選択されていることを示します。個々のメトリクスを選択するには、右向きの矢印をクリックして、カテゴリを展開し、メトリクスをそれぞれ選択します。下の図に示すように、アイコンが icon_blue_minus.png に変化します。
  3. [Save (保存)] をクリックします。

利用可能なメトリクス

01Host Metrics Source for Installed Collectors
  • この記事は役に立ちましたか?