メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Apache のログの収集

この手順では、ログを Apache から Sumo Logic に収集する方法について説明します。

ログ タイプ

Apache では、アクセス ログについては NCSA extended/combined ログ ファイル形式、エラー ログについてはデフォルトの Apache エラー ログ ファイル形式が前提とされています。

カスタム ログの形式の詳細については、「Apache モジュール mod_log_config」を参照してください。

コレクタの設定

インストール済みコレクタを設定します。 

コレクタは、ログがホストされるシステムにインストールすることをお勧めします。 

ソースの設定

  1. ローカル ファイル ソースを設定します。
  2. 以下のソース フィールドを設定します。
    1. Name (名前)。(必須) 名前は必須です。必要に応じて説明を入力します。
    2. File Path (ファイル パス)。(必須) 通常は /var/log/apache/access.log です。
    3. Source Category (ソース カテゴリ)。(必須) [Source Category (ソース カテゴリ)] メタデータ フィールドは、ソースを整理してラベル付けするための基本的な構成要素です。例: prod/web/apache/access。詳細については、「ベスト プラクティス」を参照してください。
  3. [Advanced (詳細)] セクションを設定します。
    1. Enable Timestamp Parsing (タイムスタンプ パースの有効化)。true
    2. Time Zone (タイムゾーン)。ログでは、デフォルトで UTC 形式が使用されます。
    3. Timestamp Format (タイムスタンプ フォーマット)。自動検出。
  4. [Save (保存)] をクリックします。

フィールド抽出ルール

FER を作成するときに、Apache Access ログ用のテンプレートから選択することもできます。

| parse regex "^(?<src_ip>\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3})" 
| parse regex "(?<method>[A-Z]+)\s(?<url>\S+)\sHTTP/[\d\.]+\"\s(?<status_code>\d+)\s(?<size>[\d-]+)\s\"(?<referrer>.*?)\"\s\"(?<user_agent>.+?)\".*"

ログ メッセージのサンプル

38.99.50.98 - - [06/Jan/2017:15:43:56 +0000] "GET /icons/ubuntu-logo.png HTTP/1.1" 200 3688 "http://sample.org/" "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_5) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/55.0.2883.95 Safari/537.36"
38.99.50.98 - - [06/Jan/2017:15:43:56 +0000] "GET /favicon.ico HTTP/1.1" 404 498 "http://sample.org/" "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_5) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/55.0.2883.95 Safari/537.36"

クエリのサンプル

すべての HTTP 応答コードとそれらのカウント

_sourceCategory=apache | parse regex "^(?<src_ip>\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3})" nodrop | parse regex "(?<method>[A-Z]+)\s(?<url>\S+)\sHTTP/[\d\.]+\"\s(?<status_code>\d+)\s(?<size>[\d-]+)" nodrop | parse regex "(?<method>[A-Z]+)\s(?<url>\S+)\sHTTP/[\d\.]+\"\s(?<status_code>\d+)\s(?<size>[\d-]+)\s\"(?<referrer>.*?)\"\s\"(?<user_agent>.+?)\".*" nodrop | count by status_code | sort by _count</user_agent></referrer></size></status_code></url></method></size></status_code></url></method></src_ip>

  • この記事は役に立ちましたか?